腕立て伏せ のような両肘を外に張って
曲げること を「クランチ」と言う。
クランチの運動は 背中の大きな筋肉を使って
肘を曲げる というよりも
「上腕を上げる」のに近い。

弓を引くような感じにも似ている。

腕が捩じられず、より大きな力で動かせるので
多くのスポーツの動きは
これが基準になり、欠点は少なく、利点は多い
41Wc7ybG1zL__SL500_AA300_
このおもちゃのような 腕の曲げ伸ばし 肘の曲げ方
では 使われるのは 腕の中の筋肉になるので
より重いものを持ちにくい。
ヘッドの重さを利用して
「上から打つ」ということには
利用しにくい 動作 である。
アッパーカットであれば 分るけれど
この肘使いでは 下から上への動作になってしまう。

例えば 灯油のポリ缶とか、しょうゆの一斗缶
を持ち上げるとき どのように持つだろうか
tiger
このような肘使いでは 重いものは持てないし
他の部位にも負担は大きくなるだろう。。。

クラブを体の幅の中に収めておけるし
クラブヘッドの重さを利用できる。
肘を使って打撃するということは
打つことが イコール 距離感になる。

ゴルフは総合力を問われるスポーツで
勿論、勿論 飛ばしたい 気持ちは重要だけれど
それと同時に 飛ばさない ことも必要になる。
06
アプローチやパターでは 肘の感じ
肘のリリース感が距離感になっていく

打つことと距離感が別な流行のスウィングより
同時に一つで処理できるスウィングの方が
後々メインテナンスが少ないのと同時に
故障も少なくなる

肘を外に張れる人ほど
悶絶度合いも少ない。

とりあえず ヘッド重量とケンカしないためにも
シャフトを捩じって動かさないためにも
肘は外に張る クランチをして
テークバックを取ってほしい


右の腋を占めて
左だけで上げてしまうような
テークバックは 体のためにも
クラブのためにも 何も利点がない!
多くの右利きの人が右打ちをしている
利点が一切ないスウィングは辞めた方がいい…