アプローチショットで(中途半端な距離で…)
同じクラブ、同じ打ち手が同じ距離を打ったとしても
スピンの量が2000回転になったり5000回転
なったり するのです。
これはどういうことか と言うと
ゴルフショットのエネルギー
 ヘッドの重量や運動エネルギーの合算は
ロフトというものによって
 ボールの速度、角度、回転に分配されます。

そして ロフトと言うのは
インパクト時の地面に対する角度ではなく
ヘッドの入射角度(移動)に対してのヘッド姿勢
簡単に言えば、ヘッド姿勢だけでなく
ヘッドの入射角度もロフトの一部というか
ボールに影響を与える要素の大きな部分である。

090804_01

例え ヘッドスピードが同じで
インパクト時、地面に対するヘッド姿勢が同じでも
⇒入射角度が緩いと
 球速は遅くなり、打ち出し角度が高く、スピンは少な目
⇒入射角度がキツイと
 球速は速くなり、打ち出し角度は低く、スピンは多め
になります。

補足ですが。。。
ボールスピードのボールの移動距離なんですけれど、
ボールスピードが距離に反映される と言う意味では、
必要以上に打ち出しが高いと
ボールの移動距離=道のり になってしまい
ボールの「水平」移動距離には反映されにくいものです。
だから 実際、ロブショットのボールスピードは
決して遅くはないのですが、距離にはなりません。
e968a0ac

多くのゴルファーはダウンスイングに置いて
クラブヘッドを腕のリリースによって下に振る、
クラブを腕のリリースによて円弧を描く
と思って実践されていますが、
長い棒の先の重さのあるゴルフクラブを下に振れば
ほぼそれに比例する形で
体(左サイド)は上を向いてしまいます。
円が二つ作られるのですから
結果、入射の角度は非常に緩くなります。

ドライバーショットで言うと
ドライバーヘッドは重心が深く、その結果として
ヘッドが前に出ようとするので ナチュラルな
(意識する必要のない&してはいけない)
アッパー軌道というか、インパクトが上がり際に
なることが 飛ばしの基本です。
それを意図的にアッパーに振ってしまうと
完全な上がり軌道になってしまい
(まあ たぶんこれは左サイドが上がっている分が大きい)
空に向かって打つショットになってしまいます。
。。。必要以上にロフトも開いているでしょうし…

これではボールは道のりばかりを稼いで
水平距離になりません・・・よね。

その解決方法 なんですけれど
やっぱりここも技術というよりもイメージの問題が
大きいような気がします。
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)






スイングのここの部分、
ヘッドがこの↑高さからボールの高さまで下がり
そして、結果的に スイングが4分の一の円を描くのは
体の向きが変わるから です。
腕周りの仕事はほとんどなく
逆に言うと、クラブがずれたり、動いたりしないように
動かさないように使う、動かさないように動かす
ということなんだと思います。

このヘッドの高さ変化や円弧を
腕の動きによって代替えしてしまえば
体は必ず上を向くことになりますし、
体の回転もクラブの振る方向や角度に沿ったものに
なってしまい、この時点で体の回転や前傾姿勢は
全て無駄なものになってしまうのです。