ウッドシャフトの記事でも記載しましたが
アイアンシャフトにウッドシャフトの硬さ相応の
 ✪TRI-12 
 ✪TRI-14 
 
が出来ています。
10003407_290033064486765_134308500_n

ヘッド重量や長さなどによっても数値は大小異なりますが
5番アイアンを基準に

✪GSW4   振動数185cpm
✪GSW5   振動数175cpm
✪TRI-11  振動数165cpm
✪TRI-12  振動数155cpm
✪TRI-12+  振動数145cpm
✪TRI-14  振動数135cpm


前後の数値に仕上がります。

また 弊社のヘッド重量の番手ごとの増加量を勘案すると
半インチでのピッチ(差)は
以前(振動数180cpm以上のもの)の 3cpmよりも
2cpmの方が使いやすい と言うことが判明
ですので、ウエッヂの振動数は上記の数値の
10cpm分多いものになります。

なんだか ピンと来ない数値ですが、
例えば 一般的な計量スチールシャフトのSRでは
 5番アイアンで  振動数290cpm
シニア向けのグラファイトシャフトの R では
 5番アイアンで  振動数260cpm 位ですから
振動数で100cpm以上・・・・・半分位ですね

1926891_290033057820099_1047132286_n

アイアンのシャフトで 振動数を170cpm切ってくると
実感するのですが、
あああ 今までは「アイアン!」のシャフトだったんだな と。
おかしなものですね

ウッドのシャフトが柔らかくなり
200⇒180⇒160⇒140cpm
になったのよりも、格段に違いがある感じです。
アイアンヘッドの付いた ウッド みたいな感じに
なっています。

重いヘッド、柔らかいシャフトを好む方にとっては
170cpm以下のシャフトは
超ど級の弾道と距離を生み出せる 兵器と呼べるかも
知れません。

特に・・・ アプローチショット
ウエッヂショットでは、今まで以上に
ウエッヂのバンスの性能やヘッド重量の性能を
引き出せる感じで、着弾時のスピン性能は
段違いと言えるかも知れません。
凄いです。

お試しくださいませ!(^^)!