出来れば 体を傷めず、故障知らずで
ゴルフを楽しみたい。
クラブの機能をちゃんと使いたい。
筋力に頼らず ボールを飛ばしたい

そう思っているのなら
脚を使った骨盤の向きの変更に
上半身、肩のライン、クラブを持った腕
も含めて 任せてください。
体の構造上、骨盤から上の上半身、胴体には
別々の向きを作る機能は存在しないのです。
それを 意図的に遅らせるのが 溜め?
どうぞ ご自由に。

その「溜め」 は 10円硬貨を製造するのに
500円コストが掛かるようなものです。
クラブの機能も一切使えず
うたい文句だけの 全く動かない しならない
シャフトを使い、飾りモノの武装と
目いっぱい薄められた軽量という名のヘッドで
ぶっ叩き続けてください。
BlogPaint
骨盤の向きに任せ、上半身の向きを変えれば。。。
まず 不必要な 「力み」とはお別れできます。
胴体には 別々に向きを変える機能はありません。
それを無理やり捩じれば 体には防衛本能がありますから
筋肉は硬直して 胴体を守ろうとします。
無理やり 前屈させられるのと同じです。

故障知らず になるかも知れません。

肩ライン、腕を遅らせる 俗にいう「溜め」は
別な言葉では 手遅れ、もしくは
クラブを寝かせる と言います。
クラブは寝かせれば 進行方向と反対に行きたがりますし
ロフトも大きく開くことになります。
クラブは重くなり、いろいろな方向へと
負荷がかかるのです。
力が入っている、入れられているのは
ボールを打つこと そのものではなく
その負荷に耐え、ヘッド。。。? フェースを
ボールのところに持っていこうとしているだけ
ただの無意味な錯覚 です。
img_849654_25726387_0
骨盤に対し、肩ラインを遅らせなければ
ボールを上から打つことが出来ます。
上から打てる という事は重力が利用できるのです。
ヘッドの重さ、クラブの重さ、腕の重さ ですら
ヘッドスピードの味方になるのです。

片や クラブの重さも腕の重さも すべて負荷 です。
振りやすくするため ヘッドを軽くすれば
どんどんと 打撃エネルギーは自分本位 になります。
グリップ部のガイドをしてくれる筈の
シャフトのやわらかさ(動き)
これも 手遅れ/クラブを寝かす人にとっては
負荷でしかありませんから、ガイドさん無しのツアー
になる訳です。

遅れたヘッド 遅れた上半身 遅れた腕
遅れ というのは 体の正面より右にある
という意味で 肩ラインを遅らせているゴルファーに
とっては インサイドから という言葉は
ライトサイドから というのに訳さなければなりません。

遅らせて 溜めて いったん 寝たロフトを起こしてくる
のと はじめから終わりまで同じロフトなのと
どちらが飛ぶんでしょう?

多くのアマチュアは スピン過多 に悩んでいるんでしょ?
どちらのクラブ扱い の方が スピンが多くなるんですか?
どちらのスイングの方が こすり球になりやすい?
んでしょうねぇ〜
百害あって一利なし なんですけど。。。