ゴルフクラブとそれを移動させる、
動かす打ち手との接点はグリップです。
打ち手がグリップを動かさない限り
ヘッドは移動〜動きません。

グリップを動かす量だけ
長さということを割愛し、同じ量だけ(同軸線上)
ヘッドは動く・・・
ヘッドには重さが多く集まっていて
重量や遠心力などの外的要素も含まれるので
グリップを動かした量よりも
ヘッドの方を5割近く(半分)少なく移動させる位で
多分、結果 同じ移動量になるのだと思います。


そして、これも勘違いしがち ですが
グリップを移動させる源は体の向きの変更です。
スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)

グリップの移動量の8割以上、いやもっと・・・
移動するエンジンは体の向きの変更で
腕やひじの捌きはそれをサポートしているに過ぎません。

で、グリーン周りの話の戻ります。
ボールを集める と言うことを考え
利き手 右手だけで持ったクラブで
ボールを集まる訳ですが、
何人もの人がわさわさを同時行うのですから
ヘッドを振るような動きで集めると
大変危険ですよね。

さらに 集めるはずのボールがより散らばる可能性もあります。

さて どうするか。

そう 片手で持ったクラブ(グリップ)を
集めるかごの方向(正確にはそれと平行に)
動かしてあげればいいのです。
bd169146-s

縦でも、横でも ヘッドが円を描くような
クラブの動かし方ではボールは集まりません。

ヘッドではなく グリップを
飛球線と平行に動かしてあげれば・・・
ここポイントですが
そのグリップの高さ〜上下方向にも
ちゃんと 平行に
グリップの高さ変化が起きないようにしてあげる
必要があるのです。

うちのお店で呼ばれている「刷毛塗」の動きですね^^

この動きをみんながすれば
危険度も少ないですし、ミスも極端に減ります。
ここにパターの、アプローチの、ショットの
極意が隠されているんです。