パターやアプローチに限らず
ゴルフショットの一番重要なことは
「自分の望む距離を打つこと」
自分の望む方向に打つことの優先順位はその次
と言っていいと思います。

首を軸とした 肩
スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)のショルダーストロークは
ゴルフでよく言われる
「手や腕を使わないで!」 と言う部分と
目で見える ヘッドが
「真っ直ぐ動いて見える」 と言う部分を
満たせるので、一見すると正しいストローク
のように思えるのですが、
・・・それを実行している限り
なかなか パターストロークの達人にはなれませんし
それで上手くいく方練習すれば
腰痛持ちになることは確実だと思います。
001

では、ご覧ください。
これは目に見える真直ぐ引いて真直ぐ出す
と言うストロークの模擬実験です-。
002003








ご覧のとおり ヘッドはレールの上を
おおむね真っ直ぐ動いていますが
ロフトは少ないとは言え
adc717b3-sライ角度とロフト角度という立体で構成された
ゴルフクラブをこのように動かせば
ボールの飛びだす方向もこのようにずれるわけで
安定したストロークには成りえません。

さらに このストロークには致命的な欠点が
二か所ある訳で、ゴルフショットへの影響なども
考えると 百害あって一利なし と言えると
思います。

パターストロークだけではないのですが
ショットにとって 距離感というのは
最重要事項です。
結果はともかく、自分の打ちたい距離が
3mである場合、2mでも4mでもなく
3m位の距離を打ちたい訳です。
それには ロフトも含まれた打つクラブの距離性能
と 自分の動作のスピード感 が必要です。

その動作のスピード感は
「ロフトも含めた打つクラブの距離性能」を
元に生み出されるわけで
例えば 30ヤードの距離を打つのに
サンドウエッヂを持って行う場合と
8番アイアンを持って行う場合では
イメージする動作スピード(場合によって 動作量)
も異なってくると思います。   ・・・・当たり前ですね

ちょっと話は外れてしまいますが
8番アイアンとサンドウエッヂの
ボールを飛ばすクラブの打撃エネルギーというか
距離性能は「ロフトを除いて」ほとんど同じ
もしくはサンドウエッヂの方が大きい のです。
似たような破壊力を持っていても
それを距離ではなく、回転と角度に分散させ
距離を制限するのが ロフトの役割で
8番アイアンとサンドウエッヂは
その角度差は15〜20度程度です。
005

その角度差 15度強によって
動作のスピードは変わってくるのです。
006009どうです?
15度から20度以上の
ロフト変化がある動き
ですよね。
インパクト時は
ここまでの差は無いでしょうけど
8番アイアンを基準とすると 7番、9番アイアン
その差は プラスマイナス4度なのですが
その位のズレは毎度毎度起こってしまいそうですよね

真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す
ショルダーストローク、振り子のストロークは
それを行っている本人にとっては
真っ直ぐ動いて見えるので良いのかも知れませんが
それを前から見ている第三者にとっては
一番 真っ直ぐ、そして 一定の距離感にならない
ストロークなので ある意味 滑稽です。