多くのゴルファーはスタンスの向き
というか 立ち方は右向き です。
7割、いや8割を超えるアマチュアゴルファーは
本来 向くべき体の向きよりも
右を向いて クローズスタンスでアドレスしています。

これは何度も説明していますが
オンターゲット!なのは ヘッドとボールです
003
体はそれよりも50センチ以上離れた存在
電車の線路と同じように
そのオンターゲットラインと交わらない平行な関係です。
放っておくと、無意識な内に
体自体が目標を向いてしまいがちですが、
そうなると オンターゲットラインもそれと並行に
右を向いてしまうのです。
 ここ 習慣付け したいところです。

と同時に、コースでは
さまざまな景色があり
練習場のように ボックス 四角いもの というのが
存在しません。
その風景に対し、斜に構えなければいけない場合がほとんどで
その時、いつも通りのボールの位置にない
と言うことが コースでのミスショットのほとんど原因です

従来、自分の打っているボールの位置
その ボールの大きさでプラスマイナス一個弱程度
であれば、だいたい上手くいきますが
それを大きく外れるようなボールの位置で打った場合
やっぱり うまくいきませんよね
007

今回は ドライバーショットをうまく打つコツ
と併用した話なのですが、
ティーアップを高くし、その分左に置く
ドライバーショットの場合、
ティーアップ分だけ 立体的にボールが近くなっています。
だから そのティーアップ分だけ
ボール位置を 地面に置く場合よりも
左に移してあげるのが良いのですが、
クローズスタンス…右向きのスタンスであると
その位置が 体に対し 左に成り過ぎてしまいます。

(写真はドライバーでなく 地面からのショットの位置ですが)
002001









ドライバーショットで
特にハイティー(高いティー)にして
ボールを左に置く場合、
ちょっと 意識して オープン気味の
スタンスにしてください。

この場合 体の向きをやや左に向ける
というよりも 左足をその場で下げる 感じです。

慣れていないと、相当 左を向いた そんな感じが
するかと思いますが、
練習では 相当オーバーに左を向く⇒オープンスタンス
をやってみてください。

ドライバーだけに限りませんが
アドレスが大事だよ、向きが大事だよ
というのは その向きもありますが
その向きに対する ボールの位置 というのを
強く訴える言葉なんです。