スイングのアドバイスをお願いされることがあります。

クラブ屋ですので、クラブを扱う立場から

お答えすることになるのですが、

スイングのアドバイスは大きく分けて2種類存在します。

 

ひとつは、今の、その方のクラブ扱いを基本に

ワンポイントでアドバイスをする場合。

これは 一般的な「レッスン」や「アドバイス」と呼ばれるものです。

例えば、ヘッドの重さを利用する というのを

遠心力を作り出すことと誤解しスイングを覚えられた方に

クラブに体の回転で作る円弧とは別な

クラブ単独の円弧(クラブのシャフトを半径とするような)

を描かせてクラブを動かす方に

「スライスを直したい、どうしたら…」

と質問されたときに

「早めにヘッドを、手を返しましょう」というような

返答がそれに当たります。

 

しかし、この手のアドバイスは

それこそ「付け焼刃」で

クラブヘッドの、ゴルフクラブの先端に付いた重さ

おもりを誤った認識で使っている方に

更に深みに行かせるにすぎないと感じています。

そうですねぇ、人通りの多い交差点、

信号無視で突っ切る時、横断歩道を渡る人々を

「よく見て、避けてください」

と言っているようなものです。

 

クラブがよりよく機能するため、

本来の機能を発揮させるため、

根本的な、基礎の部分からアドバイスをするようにしています。

多くのアマチュアのゴルファーの場合、

技術を磨こう、技術を増やそう としています。

一応、私もおじさんゴルファーど真ん中ですので

実感することなのですが、

いま 見つけた技術をうまくこなし切れていないのに

更に 技術を増やそうとするのは無謀です。

また、正しくないショットを改善するのに

「速く」 スピードを求めるようなことも

かなり無理があると思います。

遅く振れば、ゆっくり動けばいい というものでは

ありませんが、ゴルフクラブの単純な役目として

運動性能、運動能力に頼り切らなくとも

ボールを正確に、繰り返し、遠くに飛ばすことが可能

というのがありますから、

誤った認識の元に乗っかっている技術を増やすのではなく

その「誤った認識」を正す必要があります。

また、悪い意味でいう訳ではありませんが、ご自分のスイングを治すのは病気を治すのに近いものがあり、

ある程度、自分の今の状態を把握していないと

悪いなら、悪いなりに把握していないと

治していくことも出来ません。

 

年齢の高いゴルファー向けに

軽量、超軽量なクラブがありますが、

軽量というのは言葉を変えれば、

「機能が薄い、少ない」 という事でもあります。

ヘッドの基本重量 200gと言われていますが

それでも少なすぎると思います。

それを更に 20gも30gも減量し、

現在市販では 150g台のヘッド重量のモノもあります。

ヘッド重量は 5gでヘッドスピードにすると

1m/s分の破壊力を持っているといわれています。

ですから、逆に考えると、5gヘッドを減量して

そのことによって、軽さや長さで

ヘッドスピードが1m/s 数値として上がったとしても

破壊力は変わらないという事です。

重量というのはモーメントに直結しますので

ヘッド重量が軽くなれば、その運動を速度や方向、

ヘッドの姿勢という意味でも 持続していこうとする力が

減る訳ですから、破壊力が減るばかりで無く

インパクト時の衝撃吸収力、

ヘッドスピードの急激な低下も招くので

関節などに対する負担も大きくなる訳です。

 

ヘッドスピードが上がると 距離が出る

半分は嘘でないところが罪ではありますが、

クラブの機能を薄くする、少なくする という事は

自分の役目がより増える という事を

認識するべきだと思います。

スナップショット 2 (2013-11-13 6-41)

スナップショット 1 (2013-10-25 12-50)