試行錯誤しております(^^;

今日もドライバーの練習に行ってきました。

右腰へのスライドを意識してやってみたのですが

やはりクランチの時点からやりにくい・・・

グリッププレッシャーが強すぎるなあ〜とか,

色々トライしてみてもうまくいかない。

ドライバー以外はなんとか誤魔化せてるんですがね。

ない頭ふりしぼって思い出したのが

どこかの記事かコメントで

テイクバックは左ほほをシェーバーで剃るように〜

みたいなのが書いてあったのを思い出して

わらをもすがる気持ちでやってみたところ

いい感じ。またまた正解!(昨日の正解はなんだった?)

まあ,いつものごとく通常の感覚とはかけ離れた動きなんですが。

テイクバックの動き出しからクラブを体に近づけつつ

胸の前を横にスライドさせて・・・

これで自動的にクランチの出来上がり〜ですかね。

クランチがやりにくかった原因は前工程だったみたい。

下から行けば下から戻る・・・逆もまたしかり。

行き帰りのベクトルが平行に揃った!!

あのいやなドロ〜ンフックは出る気配も無いです。

前工程を変えるということで・・・縦/横のスライドの話は

一旦置いといて明日以降オイシイところを探しましょう。



ひとつ気になるのが,弾道が地面と平行な感じなんです。

ドロ〜ンの球質ではないんですよ,単にロフトが立ちすぎてるイメージ。

球の位置は左足つま先前方あたりで

ティー高さはやや低目です。

レンジボールなのでコースでの弾道を考えるとこれでいいのか?

まだサンプル数が足りないし,コースで試していないので

なんとも言えないところはありますが

なにか気に掛けるべきところありますか?


まず、弾道の低さ…について、ですが
練習場のボールはスピン維持性能が低く
判断する材料にはなりませんので
お使いの本番球での判断が必要になります。
練習場のボールでは低め、失速気味
そして、方向は「やや右目」というのが正解です。

さて クランチの話に移りますが、
説明が必要とは思いませんが
多くの方からの問い合わせで、ちょっと気にかかる点が
有るので、そこから・・・

弊社のYOUTUBEなどの動画 を見られた方
特に 弊社のクラブをお使いで無い方が
弊社の提唱するクラブ扱いが独特?なことから
その動きを参考にされているケースで
本意を掴めず、形だけ追いかけていることが多々あるようです。

代表的な動きでは
このクランチ・・・肘を外に張る曲げ方
がありますが、これの本意は
常時、クラブヘッドを体の幅の中に収めておく
というコトで、 同じ意味ですが

体(骨盤)の向きの変更(回転)でクラブを動かすんだ

ということがあります。


c20aa9e2


また、体重移動〜シフトに関して、
頭を大きく動かす動きがありますが、
これも同様で、正確な意味での頭とは
背骨の延長線上に当たる「後頭部」です。
骨盤の動きで、背骨を軸にする動きをすれば
一見すると 大きく「顔」は動いてい見えますが
顔を動かさず、頭(後頭部)を動かすよりも
軸に当たる頭(後頭部)を動かさず、顔を動かした方が
より 軸運動になるでしょう。
コチラの本意も 
大きな筋肉で
骨盤の向きを変えましょう〜〜
 ってことです。


で、お悩みの部分についての話になりますが、
多くのゴルファーは 手首や肘を使って
シャフト、クラブヘッドを縦に動かす
   (。。。俗にいうコッキング?)
で クラブヘッドを上げよう、高くしよう
というイメージがあります。
確かに、クラブヘッドに高さを与える というのは
物理的に 位置エネルギーが蓄えられますので
破壊力を増すのには適しているように思えますが、
クラブ扱いに関しては ちょっと ??? な部分です。

スナップショット 1 (2014-03-04 10-51)スナップショット 2 (2014-03-04 10-51)





このように グリップエンドを殆ど動かさず
ヘッドだけを上げる動きは
このような静止状態であれば 有効 かも知れませんが
スイングには この動作中、横の動き(向きの変更)が
入ります。
ゴルフクラブは そのヘッドの形状の特性から
ヘッドの重さはシャフトよりも右に位置しています。

スナップショット 3 (2014-03-04 10-52)スナップショット 4 (2014-03-04 10-52)





ですので、この動作に横の向きの変更を加えながら
行えば、ヘッドはどんどん開いていき(ロフトが付いていき)
フェースで打つべきものも
キャビティが地面に向かって降りていくような結果に
なってしまいます。
・・・そもそも 位置エネルギー(高さ)をボールに
与えようとするのに、ソールを地面に向けて、
降ろしていくような行為はあまり意味が無いかと…
ボールはソールで打つわけじゃないですからね 


この動き…自分ではヘッドに高さを付け
上げ下ろし をするため、と思っている訳ですが
結果として、この動きは上下に働くのではなく
円弧が外に膨らむだけ、円弧の支点が右にずれるだけの
動きになってしまい、本末転倒なのです。

クラブヘッドの形状は
この動きを意識してやらなくとも
その動きが加わるような、自分側の鎌首をもたげた形状に
なっていますし、先端に重さの付いた長い棒を
グリップエンドを支点とした縦の弧を描かせば
不用意に無駄な遠心力を生み出す だけになります。

これを 意識的にやっている方は
出来れば そのイメージを徐々に排除し、
無意識でやってしまっている方は
「テークバック」時でのその動きになってしまう原因を
しっかり見つけ出すべきだと思います。

それの対処策としても クランチは有効ですので
とても良い目の付け所 だと思います