先だって、上半身は使用しないで、

あくまでも下半身主導のアプローチショットを

練習させてもらいまして、

体重移動(=体の回転)でボールを打ち抜いていく感覚は分かったつもりです。

これで少しはギッタンバッコンのスイングが改善してくれれば嬉しいのですが。

 

さて、アプローチの延長にフルスイングがある筈なのですが、

そこからフルスイングとなるとどのように下げていけば

良いのか分からず、ええい、ままよ、とクラブのフェースを

たてたままダウンスイングに入っていく、

まだ体重移動は我慢、我慢。

アプローチ付近になったところで、

体重移動をはじめボールとコンタクトする。

 

練習の時はそれなりに何かを掴んだつもりだったのに、

帰宅してからは何か違う、あれも違う、といった有様。

当分フルショットは封印して

アプローチの練習をすることになりそうです

cap02

 

 投稿有難うございます^^

フルショットがアプローチイメージとつながらない

というご質問(問い合わせ)は良く頂きます。

色々な方のケースがあるとは思いますが

フルショットがアプローチイメージとつながらない

 のではなく、アプローチイメージが誤っている可能性

低くないと思います。

多くのアマチュアゴルファーの

アプローチ… そうですね ほんの10〜20ヤード程度の

アプローチ (球筋、球種にかかわらず)であっても

クラブを下に動かそうと

ヘッドが縦の円弧を作って

ボールを打っているイメージが強いかと思います。

体が向きを変えれば

自動的にそれには ヘッドの高低変化が伴います。

結果、それが縦の円弧を作らせる・・・

傍から見ると 振り子と言うか、円で振っているように

見える訳です。

体の回転が円弧を作っている源である

ということが非常に重要です。

ゴルフスイングとクラブの関係は非常に良く出来ていて

体の回転が円弧を作り、腕の役割はその「ほんの」補助

と理解していれば、必然的に前傾姿勢も保たれ

左股関節の前傾角度も残ります。

ところが、腕で円に振ろうと

腕でクラブヘッドを下げようとすると

これまた「必ず」前傾姿勢は解け、左股関節の前傾角度は

無くなります。 故により下に振らなければならなくなります。

技術的に言うと

スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)やはり 上半身… 股関節から上の胴体を捻って

使わないというコトが非常に重要で

多くのゴルファー(プロも含む)は

腕、手 を使わない というのを

手首や肘を動かさない と勝手に判断しており

それによって 肩という腕の付け根を

胴体とは別に揺り動かすことが

アプローチの不安定性、そしてその延長線上にある

ショットの不安定につながっていきます。

脚  お尻や太もも、お腹や背中の筋肉を使って

骨盤をしっかり動かす。

前傾姿勢はありますが、その動きは横方向の動きです。

胴体を分離させて動かさない

そして 骨盤の向きをしっかり変えてあげる

というのが、アプローチのイメージとして

ちゃんと定着していれば、

ショット・アプローチという分離したものでなく

一つのモノになって行くと思います。