質問−ゴルフクラブの機能編−扱い方に繋がるかもしれない−

一般のゴルファーにとって、ゴルフクラブの機能は謎だらけ。

ライ角に始まり、フェース角、
わざわざ重心を棒(シャフト)の先に持って来ないで
右側に位置させて重心角なるものも存在する。


そして極めつけがもともとサンドウェッジ用に
考案されたバンスとは?


バンカーの砂を爆発させる為に発明されたというが、
実は飛距離にも一役買って
いるみたい。


が、ライ角、重心角、バンス角となるとお手上げである。

機能のあり方などをご教示願えないでしょうか?

10109_169290996560973_105906599_n


お手紙有難うございます。
まず 静止状態のクラブのロフト ではなく
ボールのスピンや打ち出し角度に影響のある
動的なロフトの概念というのを説明します。 
多くの方が 運動している(移動している)クラブヘッドの
インパクト時の地面との関係をロフトだと思っていますが
それは正しくはありません。

nyuusya
ヘッドにはボールにアプローチしてくる上下の角度
入射角度というのがあります。
それは クラブそのものの長さとその長さによる前傾姿勢
によって、あらかじめ決まっているものです。
その入射角度を基準として
開いている角度が動的ロフトです。

バンス、もしくはソールというのは
それのガイド役のようなもので
例えば バンス角度を選ぶ場合
自分の入射角度の癖 をしてば
何度がいいのか、幅は有るの方がいいのか
大体選ぶことが出来ます。

008


また、ウエッヂのバンスだけに限らず
フェアウェイウッドのソール幅なども
ガイド役になりますから 正しくクラブを入れて来れれば
とても便利な代物なのです。
ちょっと乱れた姿勢で入ってきたとしても
ソール(バンス)がそれを修正するからです。

ここで 誤解しないで頂きたいのは
「入れてくる」と言う言葉を使うと
その作業は手作業!と言う錯覚が起こりますが、
入射角度はクラブの長さ、そしてそのクラブの長さによる
前傾姿勢によって あらかじめ決められているものです。
体が向きを変えることによって
クラブの円弧を作り出すこと
手作業で「クラブを丸く振らないこと」が
バンスおよびソールを正しく活用するポイントです。

加えて言えば、クラブが上から入ってくる
というのは、進行方向である 右→左 の
左(進行方向)が低くなっている
つまり 体の姿勢が重要で
手作業で円に、下に振る というのは
結果として「必ず煽り打ち」になってしまいます。

煽り打ちである限り、バンスもソールも
邪魔なものでしかなく、その機能を活用できないばかりか
ミートの妨げにしかなりません。