巷で推奨されている「振り子のストローク
これには長い距離や登りのパットなどを打つ時に
左に引っかかってしまうメカニズムが隠れています。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)

✪振り子のストロークは
首の後ろ 頸椎のどこかを支点とするため
アドレス時のボール位置を基準に
パターヘッドが右に行くと 頭(後頭部)は左に
パターヘッドが左に行くと 頭(後頭部)は右に
行きやすくなります。
スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)







クラブヘッドのフェース面というのは
 ロフト角度とライ角度による斜め通しの組み合わせ
によって構成されていますので、
ライ角度が固定されていたとしても
ロフト角度が大きくなると、立体としてのフェース面は
左を向くことになります。
BlogPaint

補足ですが、多くのゴルファーは
ロフト角度はボールを上方向
ライ角度はボールを横方向 へ飛ばすと
分けて考えていますが、
空に向かって飛ぶのも方向の一部です。

振り子ストロークの場合、
強く、もしくは速いスピードで打とうとすれば
遠心力が発生するため
どうしても 想定している円弧の最下点が右にずれます。
。。。多分、本能的に 重くなるクラブを
 体がその発生する遠心力と立体的に真反対方向に調整し
 ボールを打とうとするからだと思います。

ですので、インパクトは
ヘッドが微妙に上向き
上に向かっている円弧で捉えることになりますので
アドレス時よりもロフトが増えることになります。

ロフトが増えれば 数度ではありますが
立体的なフェース面は左を向くことにますし、
登りで 体重が右に残り易いですから余計です。

面白いもので プロの優勝争い
バックナインに入って来て、入れ頃の距離を
左に外している選手は 大体の場合、優勝出来ません。
優勝する選手は右に抜ける選手と相場が決まっています。
左に外している というのは、
距離が打てていない と言う証でもあるのです。

また これは はい!直ぐにという訳には行きませんが
振り子のストロークをパターやアプローチで実践されている方は
誤った体の回転方法を身に付けられていて
ee213269f2e5a758(上半身…背骨を捩じる)
本来は
スイングの時間割で言うと
右回転…ボールより右を向いている時間
左回転…前半 左回転しているが、ボールより右を向いている
   …後半 左を向いている(アドレス時のボールを基準)
という 3つの時間に分かれるのですが、
左回転では 前半部分の時間と後半部分の時間
運動のスピードを除けば、殆ど同じような時間が存在する筈
なのに、極端に前半部分が短く、
いきなり左を向いてしまう動き
多分…上を向いている動き
(左を向いてからでないと、クラブを動かせないので)
になってしまうので、それもパッティングが
引っかかる原因の一つかと思います。