ヘッドの重さを使え とは
✪ヘッドの重さをスイングするのに促進剤、補助剤とすること
と共に、
✪ヘッドが落下するエネルギーをボールへの打撃エネルギーに
すること
があります。


多くのゴルファーは
ヘッドの重さを使え とは
より大きな遠心力を作り出すこと 
ある意味 ゴルフクラブ最大の誤解、過ちを信じています。
cap02

全ての力の作用には その方向 と言うのがあります。
詳しくはありませんが、柔道や合気道などの、組手のあるような
格闘技は 相手の反応の作り出す、その方向と言うのを
上手に使うのが、上達のコツなのではないかと思うのです。
それと同じです。

クラブヘッドの作り出す、クラブの長さが作り出す
遠心力と言う不可抗力は
ゴルフショットの最大の目標である
『ボールを目標方向に飛ばす』
という その「方向」と一致しません。

例えば、グリップも手も油でヌルヌルにしたとします。
遠心力が掛かったらクラブがすっぽ抜けるようにします。
さて、遠心力が掛かって クラブがすっぽ抜けて
「それが ボールを打ってくれますか?」
「打ってくれなくとも、ボールの飛ばしたい方向に
クラブがすっ飛んで行くでしょうか?」

答えはNOです。

練習場で有れば、前の打席の人や
後ろの椅子でお茶を飲んでいる人の方に
クラブは飛んでいこうとします。
e968a0ac

ヘッドの重さを使え = 遠心力を作れ
と信じている人は この状況では
決して 飛球線方向にクラブを飛ばすことは出来ませんし、
飛球線方向に飛ばしたら、ボールを打つことが出来ません。

遠心力を「絶対に」使わない とは言いません。
しかし、多くのゴルファーが考えているように
腕さばきによって ヘッドを丸く振る作用によって
作られてしまう遠心力は、殆どの人は気付いていませんが
ナイスショットや繰り返せるショットの天敵で
一番大きな障害となっているのです。

スイングをする際に、ヘッドの重さが補助剤、促進剤と
なる方向の基本は概ね重力方向であり
直線的なものであって、遠心力の様な曲線が
入った途端、スイングを複雑に、繰り返すことが
難しくなります。