パターだけに限らず、これは重要なことなのですが
ゴルフクラブのフェース面というのは
斜め〜斜めで構成された立体物です。

4c9a0689巷で叫ばれている ショルダーストローク
パターヘッドが打ち出し方向(目標方向)に対し
真っ直ぐ動いているから、真っ直ぐ転がる
目標にボールが出ていくような視覚的だましテクニック
なのです。

ご自分でパターストロークの素振りをしてみて下さい。
自分の目で見て、アドレスの時のロフト
インパクトの時のロフト、フォローのロフト
多くのゴルファーのパターストロークは
インパクト〜フォローに掛けて、打ち手自身が
アドレスやテークバックで見ることの出来なかった
フェース面を見ることが出来るでしょう。
ロフト付けて 打っているというコトです。
2595cdb2

パターヘッドにも少ないとはいえ
2〜5度位のロフトが付いています。
そして ゴルフクラブにはライ角度 というのが
ありますので、ロフトの変化 は イコール
立体的なフェース面の向きの変化
 ということになります。

簡単な実験があります。
CDケースを傾きを付けて、地面に置きます。
IMG_0002

このように面に吸盤で方向が分かるよう工夫します。
ロフトの立っている時はこの方向を指していますが
IMG_0003

ロフトが変わってくると
IMG_0004
ここまでフェース面の向きは変わってしまうのです。
視覚的に ヘッドが真っ直ぐ動いているので
ボールがいつも真っ直ぐ転がる錯覚に陥るのですが
それは正しくありません。


え? こんなにロフトは変えてナイ?!
4c9a0689そう言うかもしれませんが
このようなストロークをしている限り
このシャフトの角度変化分だけ
ボールに対するロフトは変化しているのです。

このストロークでは 距離感を出すのに
背筋という大きな筋肉を使うことになるのですが
微妙な距離感を出すのに適当な部位であるのか
いささか疑問です。
そして、このストロークをするのには
かなりの屈み姿勢が必要になる上、
背骨を捻ることがストロークの基本になるのですから
プロやトップアマが腰を痛めるのはうなずけます。