今回は質問がありメールさせていただきました。



ここ最近、「トップからグリップを右ポケット前に降ろす」
を実践しています。

これをやると、ダウンスイング中の
「右を向いている左回転」のフェーズが良く感じられ、

自分としては、こりゃすごい特効薬だ、
と一人悦に入っているのですが、

ここで2点ほど質問があります。



1.
球筋としてはストレート〜軽いドローなのですが、
どうもフックが出やすいです。

原因としてはどんなことが考えられますでしょうか?



2.
飛距離を伸ばすための力加減、力の入れどころ、
あるいは抜きどころがどうも分かりません。

まだ右肘を伸ばすことに、
ぎこちなさがあるかせいかもしれませんが。。。

何かヒントをいただけますと幸いです。



よろしくお願いいたします。


スナップショット 2 (2013-11-13 6-41)
お手紙ありがとうございます。

シャットを作り、ボールの方では無く
右ポケットの方にグリップを下げる”ような”感じ
というところ、少々、補足説明させて頂きます。

まず、このイメージが全てのお客様に有効か、どうかは
それぞれの方の過去の蓄積やスイングイメージの違いによって
異なりますので、全員ではなくとも、
何かの役に立って頂ければ幸いです。

右を向いている時、
体(上半身)は当然ですが、傾いています。
左サイドの方が低くなっている状況です。
トップの位置で、重力方向というのは
その傾きに対して、一致しておらず
傾いた上半身に対しての下、というのが
右ポケット方向と言う言葉で表されています。

刷毛塗をしようとして
グリップをトップの位置からボール方向へ動かす
というの、の大きな勘違いは
傾きはあれど、回転方向、地面と水平に近い横への移動
というのの主エンジンは体の向きです。
あくまでも 肘なり、腕の動きは補足をしているに過ぎませんし、
右を向いている時の体の傾きに対し
ボール方向と言うのは、ほぼ完全に上半身に対しては
横の動きになりますので
その方向に、腕でグリップを動かそうとすれば
クラブの構造上、シャフト、クラブは倒れてしまう ことに
なります。

スナップショット 4 (2013-12-05 18-39)


また、似たようなご質問を過去にも頂きましたが
右ポケット方向なり、シャットなりを作る ということと
刷毛塗の動き、というのは結果的には大きくつながりを持ち
ヘッドでは無く、グリップを
シャットを作るために、20〜30センチ下げる
と言うイメージは、左サイドを低く保つ
というコトを促すことになりますので
自分では上半身に対し縦(下)に動かしているイメージでも
体の向きの変更の中、流れの中では
その向きの変更に沿って、グリップを遅らせないように
手遅れを作らないように動かしている というコトになります。
より実践的、とも言えるかも知れません。

さて、ご質問への回答になりますが、
少々、長くなりますので、前半、後半に分けさせて下さい。

多くのゴルファーは
スイングの回転 というのを掴めていません。
体の回転は前傾姿勢、傾きは有れど
概ね 地面と水平に回る「筈」のモノです。
お店にご来店される多くの方や練習場で見かけるゴルファー
例えば、何気なく ゴルフクラブを手にし
大振りすることのできないスペースで
グリーン周りのアプローチの様な動きをした場合
スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)この画像のように、両肩関節をつかって
首あたりを軸に「振り子の動き」を
しています。
パターもそうなのですが、
この動きがボールを捉える一番の基本に
なっている限り、
体の向きの変更⇒横の移動というか、動きに
対し、上半身上部は縦方向への動き
俗に言う「ぎったんばっこん」を作ることになります。

これを正しく解説しておきますと、
このように スイングをアドレス時の体の正面から
写す、もしくは見た場合
体は傾きのある上で、向きを変えているから
一見すると「振り子」のように見えるに過ぎず、
実際には、振り子では無く、体を回している だけなのです。
写真や動画には奥行きがありませんが、
実際の動作には奥行き、要するに立体なのです。

ここの部分、長年、幾度となく触れている部分で
ゴルフスイングの基本の違い というか
根幹の部分です。

技術の問題では無く
はなから、ゴルフスイング…ボールを打撃するのは
肩を揺さぶって、縦に円を描く動き と言う観念から
逃れられなければ、そのスイング観念に弊社の提唱することは
何一つ当てはまりません。

肩を揺さぶって、縦に振り抜く動きにとって
体の回転とは、それを反動付けするためのモノで
体の回転方向と腕の使い、クラブの振り抜き方向は一致せず
このスイング観念にとって
体の回転=シフト(体重移動) とは成り得ないのです。

結果、インパクト後、体、部位で言うところの
骨盤を左に向けることが出来ず、
概ね止まった骨盤も含めた下半身に対し
上に振り抜くスイングが主流になっています。

距離の調整の部分とも一致するので
また 後半で記事にしますが、
シャットが出来、クラブヘッドの重さ、シャフトの柔らかさ
によって、意図していないハンドファーストが出来てきている
のだと思うのですが、
それが 少々、上に向かって振ることになっているのが
フック回転が強くなってしまう原因です。
レッスンでは「二段振り」と呼んでいますが、
先に体を回し、体の行く所が終わりに近くなり
減速し始めると、その反動で、へそから上の上半身上部を
下から上に向かって振る
というのが、殆どスイングですので、
その感覚から早く離れなければならないのです。
ここの部分、長い刷り込みによって作られた感覚ですので
あまり焦らず気長にその感覚が
クラブに徐々に教えられていく と考えて良いかと思います。