シャフトの使い方、という質問を頂きました。
そうですな、これも誤解を生みそうな言葉なので、正しくは
「シャフトの及ぼす自分の使われ方」
「シャフトに使われる自分」
 が正解だと思います。

勿論、そのシャフトを動かすのは自分です。
しかし、昨日書いたように
グリップエンドを支点として、ヘッドが動くのではなく
自分が向きを変えるから、クラブ全体が動くのです。

ご自分で実験してみましょう。
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)クラブをこのポジションに持って行きます。
勿論、自分が右を向くから
クラブが動くのです。
シャフトよりもヘッド、厳密には重心位置が
右(進行方向後ろ)にあれば、打ち手(自分)から見て
クラブ〜シャフトは時計回りに捻じれようとします。
同時に、グリップには上がろうとして、体から離されていく
負荷が感じられるかと思います。
   …市販のクラブだとヘッドが軽すぎて、
   シャフトが硬すぎて、その感じは伝わってきませんが…
逆に、重心位置がシャフトよりも左に有れば、
シャフトは自分から見て反時計回りに捻じれようとします。
同時に、
グリップには下がろう、体の近づこう とする負荷が
感じられるのではないでしょうか??

言わずと知れていますが、どちらが
自分の進行方向、自分のクラブの持って行きたい(移動させたい)
方向でしょうか??
どちらがヘッドスピードの助け、どちらがヘッドスピードの阻害
になるでしょうか?
どちらが力むことになるでしょうか?

BlogPaint体の傾き、前傾姿勢も含め
体が右を向いた時、
ボールの位置は ココ! にあるのです。
上半身にとって、腕さばきにとって
このボールの位置を上から地面に向かって
打とうとする。。。
しかし、それと同時に体が向きを変えていくから
結果として、ボールは目標方向に飛ぶのです。

BlogPaint右を向いている時に、このボールの位置を
目標方向に打とうとするイメージとは
大きな違いがあります。
前者が上から打つイメージですが、
後者は横から打つイメージです。
 (クラブの長さとは関係がありません。)

右を向いている時に、少々オーバーではありますが
フェースを下に向けていくように使おうとすれば
ヘッドの重さやクラブの重さ、クラブのアクションによって
グリップは進行方向にどんどん押されます。
剛性が満たされている、と言う条件の上で
シャフトが柔らかければ、柔らかいほど
それは顕著になりますし、
そのシャフトの柔らかさは、
インパクトの「速さ」では無く「早さ」になるのです。

シャフトの柔らかさが ボールを弾く
ヘッドをしなり戻す力 と考えている限り、
必ず手元を止めるスイングをすることになります。
体の回転も含め、同一方向に動いている限り
減速、停止しない限りは先端のモノのスピードが
土台の速度を上回ることは有りません。
体を止めない限り、グリップを止めない限り
シャフトの硬さ、柔らかさに関係なく
ヘッドがグリップを追い越すことはあり得ないのです。

シャフトはヘッドを動かすものか、
それとも
シャフトはグリップを動かすものか
その観念の違いもそのままスイングの違いに
なって行くと思います。