ゴルフスイングには大いなる誤解、があると思います。
昨今、昔よりも遥かに、動画や映像などに触れる機会が増え、
独学し易くなってきた…と言うのもあると思います。
独学!は決して悪い事ではありません。
自分で見て、自分で判断、決断する というのは
ゴルフプレーの始まり、とも言えます。

しかし、そのゴルフスイング映像を見る際、
始めから「フィルター」「色眼鏡」で覗くのは
後々、尾を引きずることになりかねません。
まずは こちらを。。。


言わずと知れた 帝王「ジャック」です。

✪スイングは円を描くもの
✪ヘッドが重いのは遠心力を使う為


この二つは考え方によっては正しく
考え方によっては間違っています。

もしも、スイングの動画を
特殊な器具によって
常時、体の正面から撮影するようにしたら
実際には、クラブは肩や腕、手首では
殆ど動かしていません。

クラブは自分が軸(と言う言葉も変ですが)になって
動かすのは言葉としては間違っていませんが、
その正しい訳、解釈は
「クラブそのものを動かすのではなく
 クラブを持った自分が向きを変えること!」
です。

自分の胴体を軸として動かさずにクラブを振る! のではなく
自分が軸のある回転運動(向きを変える動き)をして
クラブ本体は動かさない、 のです。
44_1_0p

自分が向きを変える
回転運動…をしますから、傍から見れば
円運動をしている とも言えます。
クラブは性質上、重さの7割近くは先端に存在し、
打撃部分であるヘッドは歪な、偏った形状をしています。
それを、自分は向きを変えず
その円軌道を腕さばきだけでなぞれば
クラブヘッドの作り出す円軌道は
想定しているよりも、必ず進行方向後ろ(右)にズレ、
ヘッド重量やその形状が作り出す円軌道は
決して単純な関係では無いので、同じ軌道、同じ姿勢には
ナカナカならないと言えます。

自分が右を向き、そして左を向けば
クラブ、シャフトは180度ターンする訳ですが
そのシャフトの180度ターンを腕で作り出せば
クラブを捻る 開き〜閉じる シャフトを回転させる
事になる訳ですから、その度、その度
ロフト角度やヘッドの立体的な向き、ヘッドの通り道
ヘッドのボール時での高さはまちまちになるので
シャフトだけを見れば、一見同じように見える「様」であっても
内容は相当複雑になります。
t02200278_0327041312030346860img_849654_25726387_0ad0c590a







プロ選手であるタイガーら、昨今の選手たちは
練習量も豊富ですし、体のメインテナンスにもお金も
時間も懸けられます。
また、悪く言えば、プロスポーツは「ショー」の部分も
否めない訳ですから、多少、体を痛める動きが有ったとしても
それも「ショー」の一部分です。

しかし、楽しみで行うアマチュアは違います。
遠くへ、そして正確に! と言うのは重要ですが、
昨今のプロゴルファーの真似をしていては
体が幾つあっても足りませんし、
年齢が進んだ時に楽しめなくなってしまいます。

それはさておき、
プロゴルファーと比較するのもなんですが、
上の二枚の写真、どちらがアドレス時のオリジナル形に
近い状態でクラブが存在していますか?
左の二枚のプロゴルファーはクラブを腕、肩周りの捻りだけで
見てくれ「トップ」の位置に上げています。
アドレスから動いたのは左上半身上部だけです。
片や、某アマチュアゴルファーは
クラブヘッドが高くなり、位置エネルギーが増えただけで
自分の上半身とヘッド、自分の上半身とロフト角度、
自分上半身と立体的なフェースの向きは
変わっていません。

プロ二人は既に ロフトを90度以上開いた状態
と言うよりも、ロフトとライの関係を入れ替えてしまった状態
このままでは 「アマチュア・どスライス」です。
それを超人的な動きで、超人的な速さで行うのです。
それはそれで凄い と思います。