これから
新しいゴルフクラブを買うとしましょう

振り易いのが良いですか

今までより距離が飛ぶモノが欲しいですか

スコアを良くしたいんでしょうか

色々と 望みや要望はあると思いますし
自分が楽しむ 遊びの道具ですから
何を購入し、使うのも それもゴルフの楽しみの一つ
と言えるでしょう。

004

パターを除き
体力の変化から 同じクラブを10〜20年 使い続けるのは
一概に良い事とは言い切れません。

モノを大切にすることは 非常に良い事ではありますが
体力は 日々低下して行く中で
10年前のクラブを使う と言うことは
日々 キツイ 硬い 渋いクラブを使い続けることになります。

10年前に 
「コレ打ちやすい!」
と言って 購入したクラブ。。。
クラブの性能的な劣化は 10年では殆どありませんが
使う人間は性能低下していくのですから
日々 キツイクラブを打つ打ち方 をしていく事になるでしょう。

例外はあるにしても 10年使い続けていれば
アドレス時にセットするボールの位置も
年々 右寄りになっていく事が多いかと思いますし
シャフトの硬さやヘッド重量の足りなさから
冬場など 関節にひびくことも多くなってくるはずでしょう…

自分の未来
自分の将来の為に
スウィングを、自分の体を、壊さないクラブ選び
と言うのも 非常に重要です。

スウィングを変えるために クラブを替える
というのも クラブを替える目的のヒトツですが
自分のスウィングを変えない と言う為に
クラブを替えるのもその目的のヒトツ
であったりもします

購入して頂きたいから 思うのではないのですが。。。
あぁ もうクラブを変えないと
撓らないクラブを撓らせて打つ打ち方 を
身に着けてしまう〜〜〜
 と思うことも少なくありません。

IMGA0238


自分の運動性能にとって 軽いヘッドを
自分の作り出す 運動性 スピードによって
補うコトの 問題の根深さは体の故障にもつながります。

現在 流通しているクラブの多くが
アマチュアのおじさんが使うには
あまりに 軽いヘッドと硬いシャフト で
構成されています。

宣伝文句が何であっても 一番基礎になっている
機能を殆ど持っていない、、、
エンジンの付いていない車のような状態です。

軽いヘッド、硬いシャフト。。。
自分にとっては 軽くなってしまったヘッド
自分にとっては 硬くなってしまったシャフト
自分も経年変化することを忘れてはいけません
スピードを上げないと飛びません。
速く動かさないと スライスです。
練習を怠ると うまく行きません。
数を打てば 手首や肘など関節が痛みます。

年々 硬くなっていくシャフト
上手く打つには ボールの位置を中にいれる
中にいれる と言うことは
打つまでの時間は短くなってきて
準備時間が足らなくなってくるのに
位置自体は不十分な場所になってくる
忙しくなってくる と言うコトです。
使う人の運動性能は下がってくるのに
忙しくなるのですから 良いことは少ないですね。

GOLFsystemWORKS K99


ゴルフクラブは 自分の次に踏み出す未来への一歩
と言える 未来の灯台 というか 目印 でも
ある と言うことを覚えておいて下さい。