ゴルフクラブ、特にヘッドのなどの
雑誌やカタログ上での解説で
「重心位置」
と呼ぶ 言葉が出てきます。

それは ヘッドの重量の中心点が
どこに位置するのか を指すモノで
シャフトからの距離 であったり
フェース面からの距離 であったりを
数値化し 重心距離とか 重心深度
と呼んだりしています。

005



多くのゴルファーは
その位置そのものが インパクト時に
ボールに与える何かの影響・・・
そんなイメージで 重心位置を捉えていますが
大筋で 
「間違っています」

う〜ん なんと説明すれば 良いのでしょうか…
硬いシャフトで ショットをすると
確かに 重心位置とシャフト軸との
ギャップは維持されてしまうので
ボールではないのですが 
クラブを動かすコト
そのものに影響を及ぼします。

本来は 静的な状態では
そのギャップが維持され
動的な状態では ギャップが消える のが
ゴルフクラブの基本構造 と言うか
シャフトと重心位置の役割なのですが…

どのクラブ どのシャフトの硬さ(柔らかさ)
で ゴルフをする、もしくは ゴルフを覚えるのか
によって あまりに 真っ二つに分かれてしまいます。

ゴルフ雑誌などを読んでいると
書いている編集員の方に ゴルフの知識が行き渡っておらず
単に 受け売りで 重心が深いとこうなる
重心距離が長いとこうなる
と言っているように 思えます。

硬いシャフトで シャフト軸と重心位置のギャップが
維持される と言う条件では
シャフトを捩じって フェースを一度開き
インパクトに向けて フェースを閉じていかねば
上手くボールを打てません。
その上であれば 重心距離は短い方が
その行為そのものはし易くなりますし
重心距離が長いのであれば 重量を減らす必要が
有るでしょう。

ユーティリティと呼ばれる 区分、分類の分かり難い
クラブは 重心が浅いことが メリット なんです。
シャフトを捩じって フェースの開閉を行う場合
重心が深いと その行為がし難くなります。
具体的には 
フェースがより開きやすく
より閉じにくく
 なりますので
ロフトが付いた状態で インパクトに入り易くなるので
重心の深い ソールの奥行きのある
フェアウェイウッドが上手く打てません。

面白いモノで 弾道が高い方
硬いシャフトを使っている方は
小振りなヘッドを好みますし
総じて ユーティリティを好むようです。

003



実際には 同じ距離を打つのであれば
これも 正しい状態のクラブやシャフト
と言う条件付
きではありますが
重心が深く ソールの奥行きのある
フェアウェイウッドの方が 数倍簡単です。