製品としてのゴルフグリップは
ルール上、左右対称の概ね円形でなければなりません。
特に側面の平面は厳密に禁止されています。
ここがスイングとしてのグリップの基本だと思います。

手と手の平を合わせ、その間に挟む というのが基本に
なるのだと思います。
スナップショット 1 (2013-11-29 11-02)

俗に言う「スクエアグリップ」とは
グリップ…握りそのものを指すよりも
両腕に対し、クラブ、製品で言うグリップ、シャフトが
どの位置、どの関係になっているかを基準としているので
両方の腕に対し、ほぼ均等な関係にあるのが
スクエアグリップ ということになります。

スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)フックグリップ。。。となれば
クラブは両方の腕よりも左に位置することに
なります。
スクエアでない、クラブとグリップの関係は
当然、ですが、左右の手首のコック方向、
スナップ方向にも左右違うものに成り
それは必然としてアドレスに影響を及ぼします。
スイングにとって良い、悪いは別にして
アマチュアだけでなく、プロで有っても
フックグリップが美しく見えないのは
余りに露骨な左右非対称性に有るのだと思います。
IMG_0015IMG_0016






右利き、右打ち の場合
右手が左手よりも遠いところを持ちます。
ずらして持ちます。
これには理由が有るのですが、
基本、左右の腕は同じ長さです。
(これをどうするかは 明日の記事で…)

ズレは作ったとしても、それは最小限で抑えたい
でないと、アドレスが作りきれない。

36ed9c16
出来るだけ、左右のグリップの高さのズレ(差)は抑えたいです。

この高さの差は、そのまま左右のアドレス時の
肩の高さの差になってしまいます。
42ea91fdここまでの高低差があると、かなり苦しいアドレス姿勢
にならざるを得ず、体のセットアップ上
どの方向を向いているのか、分かり辛いものになって
しまうと思います。


グリップの良しあしの目安の一つとして
両手首の高さの差を見るのも良いかと思います。