念願のドライバー「完成」致しました
 
仮称「G-14」
 重力・グラビティのG
 14年モデル

008
体積     455cc
ロフト角度  9.0〜12.0度(0.5度刻み)
ライ角度   56〜62度(0.5度刻み)
フェース角度 -2〜+2度(0.5度刻み)
ヘッド重量  210〜260g

001
基本重心距離   39mm
基本重心深度   37mm
重心高さ(下から)33mm
    (上から)23mm
重心角度     21度
003
各データは個別の重量配分によって
 プラスマイナス 2mm程度変えられます。

フェース・ソール・クラウン・サイドの
4ピース構造になっています。
各板材には重さ・厚さを2〜3種類用意しています。
その構成によって、重心距離は最大で43mm
005重心深度は 40mm
重心高さは 高い方で 重心率 61%
低い方で 重心率 57%
 を作り出すことは出来ます。
大きなロフトは構造上、対応出来ませんが
スピン抑制の無い、上がりやすいヘッドを作れます。
ロフトを立てられた時のスピン不足、失速の無い
ドライバーヘッドに仕上げてあります。


フック回転の入りやすい設計 のギリギリの重心距離

この手の重心構成のドライバーは意外に市販に少ないのです。

>>現在、発注分は ソールが無地の為、
  プロトタイプ となっています。
  (デザイン募集中)
007
セミディープの非常にオーソドックスな形状です。

スピンを抑える重心配分ではないので
シビアな(少な目)のロフトを選んで下さい。
(上がりやすいヘッドです)
スライスの出易いへっどではありません。
右に打ち出してのドロー(フック)のための設計です。
モーメントは重量によって異なりますが、非常に高め。
より安定性を求める方はソール後方下部の枠に
50gを移す と言うのも良いと思います。
(ルール適合ではありません)

どこにもない発想は
✪金属の肉厚で重い重量を作れること
✪個別のご注文で、重量配分を変えられること

✪スコアラインをスタンダード、直線、ドット など
 自由にすることが出来ます
005


✪ヘッドカラーも好きに出来ます
 無塗装サンドブラスト仕上げも可能。

✪ヘッド全体に IP(イオンプレーティング)加工も出来ます。

006
また、今の無地のソールを基準に
 ソールにデザインを施すことも可能です。

ちなみに第一号 G-14 は
ロフト11度
ライ 57度
フェース角度 マイナス1度
ヘッド重量 250g
(重量配分無し、板厚のみ)
黒メタリック
スコアライン ノーマル
イオンプレーティング加工 です。

【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480 野澤まで