ちょっと話は横道にそれますが、
弊社で言うところの「刷毛塗」とは
両肘を自分の胸に沿って、横に動かすことで
それは同時にシャフトを胸に平行にスライドさせることです。

それは へそから上、胸から上、肩を
20090801 2009_09_01_01_25_27-320フレームショット腰〜骨盤と平行に回すことを促していて、
同時に、インパクト意識の強い多くのゴルファー
左の壁意識の強いゴルファーが
インパクトで 左わきを締め 体を止めてしまう習慣を
左ひじを抜くことによって、より回転を促す行為です。

多くのゴルファーは
先に腰を回し、インパクト前に腰〜骨盤の回転を止め
その反動で 肩、そしてクラブヘッドを振ろうとします。
よって、骨盤を左に向ける習慣がありません。

左に体重移動が出来ない多くのゴルファーの特徴でもあります。

20090801 2009_09_01_01_25_27-334フレームショットまた、刷毛塗の習慣を付けることによって
上半身上部(へそから上、胸、肩)をそれ自身、単独で
動かさせない為、逆に積極的に動かしていく
骨盤と同じ方向に動かしていくことによって
骨盤の回転と同調させたい と言う目的があります。

最終的には、幾分かの調整はあったとしても
骨盤の回転にまかせて、股関節から上の上半身を移動、
運動させたいのです。

だから 進行方向にある肘 を
(自分の体の回転)+(前傾姿勢) の方向にそって
積極的に動かしていく必要があります。
動かしていく方向が重要です。
駄目なストロークの代表肩を骨盤で回す習慣をつけるため
肘を使って代用し、クラブやシャフトを
スライドさせる習慣を付けるアプローチやパター
などの影響はショットに出てきます。

パターストロークで前傾を深くし
目線をボールの上に置き、肩を揺さぶって打っている限り
ショットの「ギッタンバッコン」は消すことが出来ません。
体の姿勢にとっても悪影響ですし、
単に上から見た自分から
ヘッドがまっすぐ動いて見える 誤魔化しでしか無く
実際にはこのストロークは
ヘッドの高低変化、ロフト変化は一番大きく
パッティングやアプローチで一番重要な
「距離感」を養うことが非常に難しくなります。

姿勢の悪いパッティングの「ショルダーストローク」。
強烈な練度、持続的な練習の必要なこの動きによって
スコアにこだわるゴルファーは 腰を痛めていくのです。
ストロークは替えず、姿勢だけ変えたのが
ロングパターやベリーパターということになります。
s12
テークバックの右ひじ
ダウンスイングの左ひじ 意識によって
骨盤と水平な肩の動きを作り
始めは同調したその動きを
次第に骨盤、脚に預けていけるように
なれば、ゴールは間近です。