スイング中のクラブの重さは、クラブの重さの変化は
スイング…動作に直結します。

その重さは 長さ〜体からヘッドまでの距離や
ヘッド姿勢、フェースの向きによって、大きく左右されます。
スイング中にクラブが長くなれば管理が難しくなります。
ヘッドだけに着目すると
 ヘッドの重さ×クラブの長さ×運動速度の二乗
と言う重さになってしまう訳で、
その重さは 十数キロ〜数十キロのなってしまいます。
その重さは ボールそのモノへの打撃力 にかかるのではなく
もっぱら 体への負担、負荷になってしまうのですから
その重さが必要とするまで
…長くなり 遠心力が働くこと(引っ張られる)によって
 より回転が促進されるタイミング
出来るだけ、体に近いところをグリップを通したい のです。

スナップショット 1 (2013-10-25 12-50)


今回のこの場合、
インパクト付近の左腕の突っ張りをテーマにすると
インパクト付近で、左腕が伸びること自体は決して悪い事では
ありませんが、それによって左サイドが早い段階で上に逃げる
体が上を向いてしまうようなことは避けたいものです。

左腕が伸びても良いけれど、左サイドを伸ばしたくない
これを両立させるのには
左手、左サイド、そしてクラブフェースの関係を
重さとして感じてみることが必要です。

ダウンスイングなり、写真で言うところの下段に入る
どこかの段階で もっとフェースがシャット
大袈裟に言えば、フェース面が地面を向くようにすると
クラブの重さは左腕、そして左サイドを飛球線に近い方向に
押すことになりますから、左サイドを、左肩を
上に押す、逃がさなければならないような
負荷は掛かり難くなります。

写真のこの状態では、フェースが空を向きたがるような
状態になっているので クラブの重さが
左サイドを上げさせる因子になっているのです。

シャットが作られ、左サイドが上では無く
飛球線に押されるような負荷が掛かれば
頭も含め、もっと体全体が左へずれますから
インパクトも長く取れ、ロフトも立ちやすくなりますから
方向性も飛距離も向上すると思います。

また、シャットを作るイメージと似ているのですが
早い段階・・・インパクトまでに
右ひじは伸ばしてしまいたいところです。