日本だけでなく、世界的に
プロゴルファーの世界は”元ジュニアゴルファーで溢れています。

ジュニアゴルファーの初ゴルフは
平均9歳、小学校3〜4年生前後と言われています。
昔とスポーツ事情が変わってきた。。。と言う部分は
否めませんが、スポーツを通して
仲間との連携や社会、ルールを学ぶ というよりも
成績を重視する傾向が年々高まっている ような気がします。
u=2368701261,1095988984&gp=0
この年齢では体格の男女差は殆どありませんが
平均身長 130センチ 平均体重 30キロ と言ったところ…
インターネットや携帯ゲーム等
他に興味をそそるモノの多い年齢ですから
ゴルフを始めても、続けるとは限りません。
多くの親御さんは自分の切ったクラブを
使わせることになるんでしょうね。
身長の変化の激しい年齢ですから、
その都度、慎重に合わせて「新しいクラブ」を
作るのも大変ですし。。。

お父さんの使わなくなったクラブ。。。
というコトは、その時点で既にお父さんにとっても
キツイ(オーバースペック)な可能性がある訳で
それを 子供の身長に合わせて 斬る のですから
相当、硬く、ヘッドは軽くなるでしょう。

長さとヘッド重量の関係は
 半インチ 7〜8g、1インチで15g程度です。

45インチのドライバーを 130センチの身長用に
5インチ切ったとしたら
ヘッド重量を 60g減量する のと同じです。
スイングウエイトであれば、切る前 オリジナルの状態で
D-2であったものが、A-2迄軽くなります。

45インチでヘッド重量200g の某ドライバーで
5インチ短くすると 237cpmであったものが
271cpmまで跳ね上がります。

振動数271cpmの A-2のドライバー
ヘッドスピードの低いジュニアゴルファーにとって
ゴルフクラブそのものは軽くはありませんが
ヘッドと言う重量物を感じない
タダの長い棒の扱い方がゴルフスイングになるのでしょうね。

その延長線上に、現在のプロ達が居ると考えて
間違いないかと思います。

ボールをどかすエネルギーのないヘッド
これを使った ほどほど距離を出す・・・
スピードに頼るしかないのでしょう。

先端の重量物と言うヘッドを上手に利用し
シャフトの運動性というのを上手に利用し
道具としてのゴルフクラブの使い方を考える
と言うよりは、如何に自分の運動性を追求するか
というのがゴルフスイングになるのでしょう。