大変参考になる 面白いお手紙を頂いたので、ご紹介いたします。

※室内で子供野球用のソフトビニールボールを打って

「左が低いうち」にインパクトを通過してしまう

感覚に慣れる練習をしています。

部屋を壊すといけないので

超スローシャドーの途中に球を置いみた・・
といったところですが。

球が想定外に早いタイミングでバチン!と出て行くんですが

まだ感覚が新鮮で思わず
「おおっふう〜」と唸ってしまいます(^^;

マッチ棒を動かす瞬間にもう着火してるような・・

思わずドキッとする感じといいましょうか。


123



ハミングバード:正しく 限りなく正しくクラブを動かす
(体がクラブの動かされる…のですが)
ヘッドが円を描いて、ボールに到達するという感覚とは
ちょっと異質な そんな感触になると思います。
意外なほど 早くにインパクトが訪れることに
驚かれる方も少なくありません。

右高いところから、左低いななめ下方向に
ヘッド、もしくはグリップを移動させる。。。
その感覚と言うのは、正直手や腕は殆ど介在しない というか
シフトして、重さで「左が低い内に…」みたいな
体の大きな動きで いつのまにかインパクトを迎える感じです。

一般の「信じられている打撃方法」では
体を回し、正面を向いてから 打つ という
動作、段取りとしては、二段階のモーション です。

しかし、正しく打つ 行為は
体を回す/シフトする と言う行為 イコール 打撃なので
従来のそれから「腕を使って打つ」と言う行為そのものが
省かれてしまう。
そこに多くのゴルファーは「打撃の醍醐味」を感じるので
拍子抜けしてしまう ことも少なくない。

・・・なんだか打った気がしない
・・・飛びそうな気がしない
・・・充実感が無い

そこら辺も、正しく動かす ということに
踏み入る障害の一つなのかも知れません。

124体の向き がヘッドに
円を描かせるのですが、
それに加え、腕の働きによって
ヘッドを更に円を描かせようと
すれば・・・
自分では下方向に動かしているつもりであっても
クラブの重さの作用によって、体全体は上を向くことになります。

クラブの重さの作用によって
より直線的に、結果として右向きの解け(左回転)で
打てるようになると、インパクトまでのスピードも
筋力とはあまり関係なくあげられるようになりますし、
多くの実験の結果から、
ヘッド姿勢、クラブ姿勢によって
同じ運動スピードであっても
結果としてのヘッドスピードには 3〜5msの
差が生み出されてきます。

そして、その動作の中で
ヘッドを縦に円を描くことに腕を使って
更なる加速を作るのは、全くの逆効果で
シャフトそのものを地面に押さえつけるような加速を
加えられれば、自由落下を損じることなく
ボールを叩くことが出来る様になるのですが…