シャフトの使い方。。。を
グリップ〜グリップエンドを支点に
シャフトを撓らせ、しなり戻す
ヘッドの方をたくさん動かす と考えている限り
ゴルフクラブの機能は活かせない。

練習量も豊富で、運動性能にも自信がある と言うのなら
それでもいいかも知れないけれど、
折角、ゴルフクラブってのがあって、
機種やメーカーの違いがあるのなら
機能を使ってこそのもの。
001










シャフトはヘッドの重さ
そしてその形状が作り出す重さの方向を
利用して、グリップ、そして体を動かすものだ。

腕。。。としては 
ヘッドを動かすのではなく
グリップを「移動させるため」のもの。


そして、それを握るグリップ部分は
体を動かす方向を決めるかじ取りのようなもので
移動 そのものは体(脚)で行い
その方向を腕がかじ取りする。

94dff231



クラブのあの形状。。。
移動、運動中に作られるその重さは
クラブの長さ + 腕の長さ(自分からの距離)
 × 移動(運動)の速度の 二乗 

の重さになるので、その重さには抵抗できない。
ビデオを撮って、振り返ったその姿が
自分のイメージと相反するのは、
スイングの殆どは その重さに対抗し、
その重さを考慮して、ボールを打っている人間の反応
の集大成ということだからだ。


ショットをする上で
ボールを出来るだけ遠くに、目標方向に
という 一番大きな目的を除き
動作としての 重要な部分は
「前傾姿勢がある上での体の向きの変更」だ。

では、その原則、ルールを崩さない上で
クラブを使っていくには。。。
弊社の「L型ブリストルパター」を持っていたら
これがとりあえず一番イメージを作り出しやすいだろう。

例えば、持っているのが困難なほどの重さ
クラブの重量が50倍重くなったとしたらどうだろう。
ヘッド重量15キロ。。。

ショットでボールを飛ばすには
ロフトを立てて 上から打つこと
その大原則は
ヘッド単体や手先では無く
左サイドが低い内に
右サイドが高い内に
体が上を向く前にボールにアプローチすること


15キロのヘッドの付いたクラブでは
その重さによって、姿勢が決まる。
手先でヘッドを振ろうとすれば、痛めてしまうだろう。
どうすれば、左サイドが低い内に
高くならないうちに、ボールにアプローチできるだろう?

それには握り方 と言う意味でない
左右のグリップの関係が重要になってくる。

☞高さが低くなるクラブ
☞左へのシフト
☞左へのシフトによって、右向きのナチュラルな戻り

15キロも重たい(仮定) そのヘッドが
どこに有って、どんな姿勢をしていると
そうなるのか。。。

 ⇒ そこがポイントでショ。