頭の体操をしてみよう。

ちょっとコンガラガリ易い話なので
良く考えて、よく読んでみて欲しい。

アドレスしてみる
sample 2009_09_29_23_01_02-405フレームショットボールを打つ目標方向に対し
ヘッド  左手  右手
アドレスの状態では 左手〜ヘッド〜右手
の順番で、目標方向に近い

しかし、腕と言う観点で行くと
ゴルフのセットアップは腕をクロスさせるように
「前ならえ」ではなく、腕を交差させるように持っているので
ヘッドのある場所まで、腕を延長させていくと
仮定すると、右腕〜クラブ〜左腕 の順番に
目標に近いことになる
実はこの部分、クラブの機能としても、
スイングとしても非常に重要な部分である。

クラブは左腕よりも左にある
という認識はショットをするのに
非常に重要になってくる。

前傾姿勢〜向きの変更があるから
錯覚してしまいやすくなるが、
クラブが左腕よりも左に位置する と言う感覚があれば
ダウンスイングでゴルフクラブの重さは
進行方向への誘い、助けになってくれるが
ゴルフクラブを腕に対し、左右に動かす 感覚になると
クラブの重さは運動の負荷でしかなくなってしまう。

分かり難い…掴みづらい部分だとは思うが
このニュアンスがなんとなく理解出来るようになってくると
ヘッド重量の重いコトが生きてくる^^
sample 2009_09_29_23_01_02-516フレームショット同時にその重さの意味が理解出来てくると
前傾姿勢〜向きの変更 の意味も見えてくる。


逆を言えば、クラブを腕や体に対し
左右に動かすスイング、感覚である限り
前傾姿勢〜体の向きの変更には大きな意味を持たないので
双方ともに維持することも、大切にすることも
出来ないとも言える。

肘から先の両腕の延長線上
このクロスの中に(少々立体的ではあるが)
クラブを納めておけば、クラブヘッドの形状の意味も
見えてくるし、同時にその形状が非常にスイングに
役立つというか、この形状でなければ
スイングは難しくなり、運動神経や練習量に依存するものに
なってしまうことが理解出来てくると思う。

クラブヘッドをこのクロスのゾーンから外した時点で
クラブヘッドの重さもクラブヘッドの形状も
邪魔なものでしかなくなってしまう。


グリップ部を頂点として、胸を底辺とする三角形
スイング中、腕が交互に短くなるので
三角形(五角形)の大きさというか、両辺の長さは変わるけれど
その三角形(五角形)と上半身の関係が変わらない
Img_001というコトも非常に重要になってくる
その三角形(五角形)が底辺である
胸に対して、捩じられない ということが
重要になってくるというコト。

両腕の延長線上 クロスのゾーンに
クラブヘッドが存在していても
このようにその三角形が底辺に対し
捩じられてしまえば、クラブの重さは使えなくなってしまう
4190-1-2これでは、クラブヘッドの重さは負荷でしかなく
軽いヘッドを使う スイングになっていってしまう。