体の向きの変更には ゴルフスウィングの
動作の 殆ど 7割以上のモノが含まれています。
それを 憶える方法として
肘使い という 奥の手はあるにはありますが
少なくとも スウィングの殆ど というもの
だと思いますし、 その行為は自然な本能で逢ったり
日常生活での動作とも深くリンクします。

ゴルフスウィングには
ヘッドの高さ(位置エネルギー)を
利用する働きがありますが、それの殆ども
この体の向きの変更の中に含まれています。

軸足を作る
向きを変える
軸足を解く
向きを解く
軸足を作る


と言う行為の中で
アドレス時にセットされた 
前傾姿勢
これは 軸足の大腿骨と骨盤の前傾角度差 を
指す訳ですが これの移し替えをすることに
なります。

これの素晴らしいところは
腕を動かさない 使わないと言う前提の上で
体のセンターにセットされたクラブ
遠心力や重力によって
想定以上の動きをするのですが
インパクト以降 クラブを腕や別の何かで
上げよう〜高くしよう としなくとも
左向きをすれば ヘッドの高さがあがる
位置が高くなって ヘッドが必要以上に
地面に潜り込んだりしないことが
自然な形で内包されていたりします。

スナップショット 5 (2011-12-20 21-57)

スウィングをする際 ボールを飛ばす破壊力の
源である ヘッド重量
これを 高いところから 落として
ボールにぶつける訳ですが
始めの段階で 進行方向 右〜左 と言う移動には
上から下(左サイドが低い)という
負荷軽減のメカニズム
もまた 内包されているのです。

トップの位置で クラブの長さは
一番短い状態になり 格納されたような形で
上から 落ちてくることによって
クラブやヘッドなどに 遠心力 外力が加わり
クラブの長さが長くなり
それが ある種 解放されるような仕組み

スウィングには インサイドもアウトサイドも
原則論としては存在していないのですが
短い〜長い 近い〜遠い と言う意味での
外から見た時の インサイドアウトも
やはり 体の回転とそれに含まれた前傾姿勢の
もたらす 非常に優れた仕組みなのです。

スナップショット 2 (2012-01-10)

それを 上手くいかせるのには 肘の使い方も
勿論重要ですし そちらの方が覚えやすいのも
否めないところではありますが
こと 理屈上の ゴルフの打撃行為は
やはり この 体の回転/向きの変更 というのが
殆ど。。。う〜ん 全てとも言えると
理解して頂くと ショットも覚えやすいと思うのです。

ですから いちばん遅い動きから始めて
それに相応したクラブの長さ(重さ) というのを
感じて頂き 出来る限り 遅いスピードから
体の向きの変更 を体に身に着け
それに準じて 踏みとどまれる 受け止められる
左脚の筋力を蘇えらせ
長さ(重さ)の作り方を憶え
徐々にスピードを上げて頂く。。。
そんな感じが良いと思います。

とは言うモノの 実はここが一番肝心かも知れませんが
右向き〜右脚を倒し〜右向きを解き〜左軸足を作る
と言う行為は 殆ど 自意識の存在しない
いつの間にかの 無意識な行為に匹敵します。
いままで エ〜イ! とか オリャ〜 みたいな
気合の 乾坤一擲の動きが
拍子抜けするような動きになるのは
間違いないと思いますし

実は その動きの方が 意識を持って 左へ
向いて行く時よりも 格段に素早い というのも
知っておくべきなのかも知れません。

スナップショット 1 (2011-01-21 2-10)

ひつこい程の 繰り返しになりますが
右軸足〜右向き〜右軸足の倒し(解放)
〜右向きの解け〜左軸足
この行為の鍵は 
インパクトを迎える直前
までは 左サイドの方が低い
 と言うコト。
それが イコール 
☆ボールを上から打つ
☆ボールを潰す 
☆ロフトをたてる

のと同意語なのです。

また ロフトをたてる とは
フェース面が ボールを上から見て
ボールにコンタクトすること を
指しますから その状態であれば
ボールの大きさ分(直径分) ヘッドが
上下しても 大きなミスにはなりません。
トップ・ダフリ という アイアンで言えば
アマチュアにとって いちばん多いミスを
殆ど消し去ることが出来るのです。


ロフトも立ち ミスも激減する
体の自然な 無意識的な 回転の仕組み

それのミス スピードを上げる事によって
起りうる動作のミスは
インパクトまでに 右サイドの方が必ず
低くなる(クラブが必要以上に重くなる/長くなる)
ですので その恩恵が全て吹っ飛びます。

言葉悪く言えば 自己満足の為に
自意識で回転し スピードあげ
ロフトも増やし ミスの確率も増やし
左の軸足が作れず 筋力アップにもつながらず
正しい回転も覚えられない
と言う顛末になるのは 目に見えている訳で
ゴルフの基本である
「出来る事から 行う」 を無視する
練習は 何も生み出さず 失うモノばかり
と認識して下さい。