スウィングを動作で考える時。。。

例えば 手首の様子
多くのアマチュアゴルファーは
テークアウェイ(バック)で 上手に
コッキングが出来ておらず 
 クラブが重い状態のまま であることが多い。

コッキングとは 確かに手首の様子である。

が しかし 手首の筋肉・関節を使って
コッキングをする コトを指しているのではない

手首に対する腕や肘の使い方、位置によって
手首がコッキングされているか 否かを指しているのだ

自分の意志で手首を使って コッキングしてしまえば
元に戻すのに アンコッキング
クラブを縦に振る動きをしてしまうであろう

手首 手の部分はクラブに一番近い場所である

クラブを出来るだけ 動かさない為に使う。。。
言葉としては表現しにくい部分ではあるけれど
出来るだけ クラブを動かさないようにするために
使う。。。使わない為に使う と考えては如何だろう?!

20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット

ゴルフのスウィングの場合
膝であったり 手首であったり
結果として そう動かされている箇所が
多く存在する

全体像の中では 動かして見える
その箇所は クラブやヘッドを動かさない為に
使っているのではないだろうか。。。

BlogPaint


アドレスの前傾姿勢にしても
脚(大腿骨)に対する 骨盤〜上半身の傾き
ではなく 逆に 骨盤に対する大腿骨の角度
と考えてみては如何か???

大腿骨に対し 上半身を曲げて
前屈してしまえば 胸より上の体の重い部分は
靴よりも前になってしまい
常時、体にある大きな筋肉(体幹筋肉)を
自分の体を支える バランスを取るに使って
しまって 運動することに使えなくなってしまう。

その場で 骨盤に角度を付けるイメージでなく
大腿骨に角度を付ける
その場に座る(しゃがむ) ようなイメージの方が
バランスもとり易く 負担も少ないのではないか。。。

と思う。


クラブは動かすモノ
ヘッドは振るモノ

ヘッドスピードは速くスルモノ

と言う発想で 今までうまく行かなかったのなら
その発想そのもの変えてみる と言うのも一つの

手だと思う