縦方向であっても、横方向であっても
グリップを支点として、ヘッドで縁を描いてしまう
というのが、一番駄目な動きで、 かつ
今までのボールを飛ばすための主力エンジン
だった… と言うところが問題なんですけど

やっぱり 下に振らないと、ボールに届かない ってのが
あるんじゃないかと思う。

lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット前傾姿勢は
クラブを下に振らなくとも
ボールを打てる
地面にあるボールに届く
という目的、意味のための 人間に必要な動作、機能だ。

テークバックで「クラブを上げる」と言う言葉に
騙されてしまいがち だが、その本当の意味は
前傾姿勢&向きが変わる ことによって
地面に対し クラブヘッドが高くなったことに有って
腕を使って、クラブを「上げた」のではない!
というコトを、頭も、体も理解出来るのか 
と言うところにあります。

どこかの記事でも取り上げていますが、
腕と言うか、肘を使って、クラブを動かす?のは
1.体の向きの変更に対し、その体の幅から、グリップやヘッドを
 外さない為
2.運動すると重くなるクラブを、実質的に短くして
 やはり体の幅から遅らせない為
というのが主義なんですが…
lesson 2009_10_31
BlogPaintそう言う意味で、テークバックは実質的に
クラブを短くするための役割が腕、肘の仕事です。

クラブヘッドを足で円を描く
 なんだか変な言葉ですが
それが出来ることが、クラブ使いのカギです。
クラブ「使い」というと、腕先、手先のニュアンスが
強いのですが、腕でクラブをどの方向に対しても
円を描いている限り、すべての動作は順番のある
非常に複雑な動きになり
ロフトを立てる動きは体が上を向く という
負担の大きな動きになります。
しかも、下に向かって と言う時間帯に
ボールを打つことが出来ませんので、
シャフトの柔らかさやヘッドの重さは使えず
双方、有るほど邪魔になります。
足でクラブを低く出来るようになれば
答えは見えてきます。。。
ここもやはり勇気 がドアの鍵
になるのでしょう。
imagesCAXUT058
ですから 前傾姿勢&向きの変更で
クラブヘッドに円を描かせない人にとっては
アドレス時の前傾姿勢は、単にゴルフらしく見せるための
「恰好」に過ぎませんので、動作が始まれば
必ず失うことになります。