練習量の少ない、出来るだけ練習したくない?
オジサンゴルファーにとって
てっとり早く「クラブの恩恵」に授かりたいというところでは
利き腕〜利き肘の使い方ってところは
憶えやすい部分ではあるだろう。

スナップショット 4 (2012-11-04 11-44)


肘の使い方 の基本は
まずはクラブ(グリップ〜ヘッド)を体の幅から外さない
と言うところから始まる。
別な言い方をすれば、ヘッドがダイナミックに大きく動く
その主エンジンは体の向き〜フットワークによってであって
手さばきや肘さばきではないというコト。
肘の使い方であって、肘でのクラブの使い方では無い とも言える。

次に 肘と使ってクラブの長さ、重さを調整してあげる
 というコト。
クラブの重さはスピードによって異なってくる。
ヘッドやクラブの姿勢によっても異なってくる。
スイングの見た目は左右対称っぽい感じではあるけれど、
スピードや進行方向に上下(重力方向)が含まれているから
行きと同じことを帰りもしたのでは
結果として同じような形には成り得ない。

スナップショット 2 (2012-11-04 11-46)


クラブヘッドはシャフトよりも右側に重さが偏重しており
ダウン〜インパクト〜フォロー方向に対しては逆側に重さがある。

ダウンスイングの始まり、で クラブが必要以上に
重くならないように、重力に対し、出来るだけ
クラブを短くしてあげる必要があるだろう。

肘を上手に使って、必要以上に重さを増やさない
その工夫をしていないと、体の向きの変更に追従、同調して
クラブヘッドが動いていかなくなる。
そればかりでなく、クラブやヘッドの姿勢によっては
重さの負荷がかかって、運動に対してブレーキにも
あらぬ方向への邪魔にも成り易い。

スナップショット 2 (2012-11-04 11-40)


あくまでも、主である 体の向きの変更に対して
クラブやヘッドの重さが邪魔なものにならないように
工夫するのが利き肘の役割 と考えるべきだろう。

スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)


その上で、テークバックを取っていくとき
手のひらを相手、自分でない方に向けて
肘を曲げていく感覚が必要になる。
手の甲を自分に向ける って言うのかな。

そうすることによって、グリップもヘッドも概ね
体の幅から外れることが無く、ロフトも開かない、
クラブも重くなりにくい…
出来れば、常時 利き手の甲は自分を
向いているような感覚も必要かもしれない。