市販の一般的なゴルフクラブの
ヘッド重量は ドライバーで 190g弱
5番アイアンで 240g前後 である。

長さはやや短めの設定とは言え
弊社で扱う ドライバーのヘッド重量は 
240g
5番アイアンで 305g である。

アマチュアの悩みの一つである バンカーショット
市販のサンドウエッヂのヘッド重量は
290g  それに対し、弊社のモノは 
370g
さて どっちがバンカーから出易いのだろうか?

答えは明白でしょ?
アマチュアの非力な人がバンカーに苦しむのは
本当はクラブのせいなんじゃないだろうか
バンカーショットだけを考えるのと
弊社のヘッド重量を使って、バンカーを苦にしている
人がほとんどいない と言う実例もあるし。

スウィング用語の中に、ヘッドの重さを感じろ
って言うのが有るけれど、どちらが感じやすいのだろうか

563002_155517437938329_730154635_n
テークバックの取り始めや
トップオブスウィングで
クラブの位置やヘッドの姿勢
これを感じた方が同じ位置に収めやすいだろうし
同じ球も打ちやすいだろう

240g と 305gの5番アイアン
それをするのにはどちらが簡単なのだろう
ヘッドが感じられた方が
リズムと言うか、タイミングも取りやすいだろう。

◆ヘッドが感じやすい
◆ヘッドが感じにくい

◇ヘッドを感じるように振る
◆ヘッドを感じないように振る

どっちが結びつきやすいかは
火を見るより明らかだろう
13016_155517041271702_1616271785_n
これにさらに シャフトの硬さが加わる
市販のクラブ(SR)であれば
 振動数で240cpm
弊社の基準値では
振動数140cpm
さて どっちがヘッドを感じやすいだろう。

軽いヘッドと柔らかいシャフト
重いヘッドと硬いシャフト
これならば 用途や使われる方の
年齢なり、体力成りの相当すると
思うのだけれど
実際には
軽いヘッドには硬いシャフトが装着
されているのだから、より一層
ヘッドは感じにくいんだと思う