体のまわし方。
それだけを単体で語るのは非常に難しいのです。
そういう体の使い方をするから、
それに付随する腕の使い方になるし。。。
腕の使い方有りきで、体の使い方も当然変わる。
どちらが鶏で、どちらが卵かは簡単には言い切れません。
スナップショット 4 (2012-10-29 14-24)スナップショット 5 (2012-10-29 14-24)







例えば、クラブを寝かして このように振ってくると
インパクトまでに、腕やクラブが急激に長くなります。
非常に急激に遠心力もかかりますので
左サイドをボールから遠ざけるように
体は使わなければなりませんし、
左サイドを上げる準備をして、その間合いも
補正出来るようにしておきます。

で、その腕だけを、腕の動きだけを
刷毛塗に変えると、この体使いのままでは
ボールに届かなくなってしまいます。

当然と言えば当然ではありますが
多くのゴルファーは当りとか、距離、弾道で
スウィングの良しあしを計ります。
正しい腕使いを、誤った体使いで行えば
上記の場合、空振りやチョロになるのですから
スウィングは× と判断されてしまいます。
sx3sx4







トップの位置から、左へシフトすること
=右向きを解く、この行為によって
スウィングの斜めの半円を作ってくる には
脚を使って骨盤を動かす、だけでなく
その骨盤の上に乗った胴体を捩じることなく
ついてこさせる必要があります。
始めから、胴体のひねりを使わずにボールを
打つことを憶えているゴルファーは別にして
多くのゴルファーは意図的に、上半身をへそを
基準にして上下、別々に使おうとしている と言うか
上半身と下半身の境目をベルト付近を考えています。

そうであるのなら、骨盤の動きに伴って
へそから上も連動して(同調して)動かす意識が
必要になると思います。


体の使い方と腕の使い方は、双方 不可分な関係に
あるので、どちらかだけを と言うのが出来ないのが
苦しい所ではありますが、
少々、悶絶したとしても、そこ部分は大きく
体の痛みや故障とつながる部分ですので、パズルを解いて
貰いたいと思います。