スライスの原因になっているのが
クラブヘッドの通る軌跡、円弧を腕で作ることにある。
6e87384e

本当はこの円弧、体の向きが前傾を伴って変わるから
作られる筈のモノなのだが、多くのゴルファーは
それを腕の振りで作っている。
ゴルフクラブのヘッドには、ロフトという角度
というか坂がある。
クラブと人間の構造上、腕を振って円弧を
作ってしまうと、(グリップを軸としてヘッドを
振ってしまうと)フェース面というか、ロフト面は
ずっと 自分を向いているような感じ になります。
球体で有るボールを、そのように打っていったら…
ボールの底をさらうように打っていったら
どうなるでしょう?
a00002064791

そのショットのイメージをそのまま
卓球やテニスに当てはめたとしたら
どんなしょっとになるのでしょう?
強いショットでしょうか?
ドロップショット気味になるんじゃないんですか?!

***************

で、何故 腕の振り と 体のまわし方 なの?
なのだが、腕を振るためには、
体が止まっていないと
腕を振ることは出来ない
 のです。
だから ボールをさばく さらうことの主エンジン
さばき方が腕主体の場合、
腕やクラブをその場に残し、体を先回し、
体が止まったら、その反動も使い腕を振る!
ということになる。
スナップショット 5 (2012-10-29 14-24)

右の肩の付近に、腕も含め重量物が有る状態で
体を回す ということになると
その場所、右肩当りが蝶番の場所になって
左サイドのみが開く形になってしまう。
これでは 正面が出来ず、
いきなり 左を向く姿勢が訪れてしまう。

ここら辺から改善してこなければならないだろう