カムイワークスの 2013年モデル
 KT-01 をご紹介いたします
017
10年以上、カムイワークスのドライバーを
ヘッドパーツとして採用して来ましたが
従来とはちょっと良い意味で異なる感じです。

カムイワークスは 伝統的に重心距離が長め
重心深度浅め という感じでした

今回のモデルは 重心短め
008
重心距離 37mm前後
重心深度 38mm
007
重心角度は 21〜22度はありそうです。

つかまりの良いモデルと言えると思います

従来のモデルはやや右に行きやすい傾向が
ありましたが、今回のモデルは 右に出難そう です。
スライスにお悩みの方も安心して使えそうです。
015
そして、今回特徴的なのが 強烈なディープフェース
ヘッド高、というか 厚みは 
約60mm
014
さらに イマドキ ここまで低重心なドライバーは
あまりないのではないかと。。。

重心高さは 
28mm/27mm
低重心率 
約50%
010
ここ数年の発売されている 重心率の平均は
59%位ですから、4%の差はとても大きい!です。
ここまで重心が低いドライバーは
あの キャロウェイ ERC 以来かと。。。

近年のドライバーは優等生タイプが多いのですが
今回の カムイKT-01 は
ともかく 距離・飛距離をターゲットにした
ドラコンドライバー と呼べると思います。


確かに 低重心のドライバーは
縦回転、スピンの抑制効果は高いのですが、
かなり どキツイ ので
ロフトは厳しいものを選びませんように。。。

あまり厳しいロフトを選びますと
飛ぶには飛ぶのですが、ドロップ、失速
雨やフォローで飛ばなくなったり。。。
自分のイメージより大きめのロフトを
お選びなることをお薦めします。

11度〜13度位が良いかと思います。

また そこそこ大きなロフトをお選びの際は
ライ角度、もしくはフェース角度
フラット目、オープン目をお選びになることを
お薦めいたします。
ロフトがあり、アップライト、フック角の強いヘッドは
自分の方を向いているようで 構え辛い…かと思います

016
ヘッドは 完全特注品扱いですので、
6度から15度まで 0.5度刻みに選べます。
同じく ライ角度も
56度から62度まで 1度刻みに選べます。
フェース角度も
−3度〜+2度まで 0.5度刻みに選べます。
ヘッド重量も 190g〜240gまで、
長さ次第でご指定可能です。

また ヘッドの色の指定も出来ますので
例えば 
炭黒・黒メタ・紺メタ・濃緑メタ
青メタ・紫メタ・赤紫メタ
 など
お好きにお選びいただけます。

 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 
☎046-804-1480 FAX:804-2442 
メール:
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp 
■営業時間 午前10時〜午後8時 //水曜定休 
 お気軽にお問い合わせください。