パッティングだけでなく 肩周りの動きは
ストローク・ショットにとって
最大の弊害というか、すべてをぶち壊す動き と言える。

ある文献によれば
パッティングは 左肩を上げ・下げする
動きで肩を動かす なんて
もう目ん玉飛び出そうなものもある。。。

ゴルフクラブには 縦方向・横方向に対する
ロフト角度 ライ角度 という最大の機能
があって、打つ度にそれが どうなるか
判らないでは、クラブの意味がない。

ゴルファーにとって それがとっても重要で
ミスはつきもの だから なかなか安定して
うまく行かないけれど、だからと言って
それがいつも意図的にマチマチになるような
方法を採用するのとは意味が全く違う。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)
このストロークを見て
ロフト、ヘッドの高さが いつも
一定したインパクトを作れると思いますか?

このストロークをするのには
微妙ながらも 支点となる頭は
パターヘッドと逆
ヘッドが左にあるときは右
ヘッドが右にあるときは左
に動かしていなければならない
もしくは 傾けておかなければならないんですよ。

それで 全体がぶれませんか
全体が微妙にずれませんか

30mのパットをしたら?

しかも 多くの方は経験済みだと思いますが
背中回り上側の筋肉を硬直させていないと
基本的には大変不自然な動きなので
繰り返せば 体を痛めてしまいます。

背中、肩周りが突っ張らかった状態で
微妙なタッチ、距離感を。。。
いったい 体のどの感覚で出せば良いんですか?
私にはさっぱり分からない???

スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)
スナップショット 1 (2013-02-13 14-15)
ほら ショットもその延長線上にある
イメージではありませんか
肩を揺さぶって ヘッドをぶらぶら動かす。。。

ゴルフショット、クラブの使い方が
うまく頭で理解しにくいのは
体の縦横の基準というのが
スウィングの中での場面によって
変わっていくからです。
1636261
前傾姿勢と体の向き というものが
左右や上下 というものを混同させがちです。
あの前傾姿勢の微妙な傾きが
右を向いている時は、右側が高く
左を向いている時は左が高い
という時間による違いを生み出すから です。

その頭が混乱するような状況で
自分の上半身に対し、クラブの姿勢を変えない
というのは ショット基本になるのです。

駄目なストロークの代表
このパターストローク
これの延長線上にあるショットイメージ
では 捩じられる機構のない上半身
ひねられている上半身に対し
クラブの姿勢は常時変化することになります。

例えば 肩でこのように振る となると
胸のラインにはロフトは一定かも知れませんが
へそのラインやベルトのラインには
いつも ロフトは動いていることになります。

へそは下半身でしたっけ。。。
ベルトは下半身・・・

確かに 一般用語では
秀二(あそこ)は下半身で
あそこの始末が悪い というのを
下半身には別人格がある
なんて 言い方をします
(スーさん元気ですか〜

しかし 体の構造やゴルフのスウィング場合
骨盤から上、胴体部分は上半身
股関節から下の脚部分は下半身
なのです。
だって 胴体はひねれば 壊れちゃいますもん。

肩周りはある種
腕を直接背骨につなげないためのクッション
とも言えると思います。
作業が多く、複雑な動きの出来る腕を
直接、命に係わる基幹である背骨につなげると
体に重大なトラブルが生まれやすい から…
そう解釈しています。
ssng
ですから 肩は固定! という意味ではなく
クッションとして動くので
スイングでは主体的に動くものではありません。
その動く方向と クラブの機能とが
あまりそぐわなく、縦横以外に捻じれや
別な角度をうみだしてしまうから です。