縦のローテーション

たぶん意識しているゴルファーは少ない
と思うのだけど、アマチュアのパターや
アプローチでは頻繁に見かける
駄目なストロークの代表
パターのショルダーストロークなんて
一見すると 小手先で打つのはよくない
なんて理論で始まったんじゃないか と思うのだけれど
これも小手先のテクニックに変わりがないし
このストロークの普及のおかげで何人のゴルファーが
腰や背中を痛めてしまったのだろう。
もしかすると 整体師さんや整骨院に協力するために
このストロークを生み出したんじゃないか。。。なんて
考えてもしまう。。。

まっすぐ引いて まっすぐ出す

そう見えるのは 平面上の錯覚であって
ヘッドが移動している限り、常時、ロフトが変わってしまい
ヘッドの高さが変わってしまうストロークは
ある意味、手首だけでポンと打つ ストロークよりも
詐欺性が高い分、体への負担が大きい分 罪が重い。
IMG_0003
ゴルフクラブにはロフト角度とライ角度 とい
複合した要素があるため、ライ角度が変化すれば
ロフト角度も変化してしまうし、その逆も同じ
IMG_0004
ヘッドがまっすぐ動いているように「見せかけて」
一番距離感や方向感の得られない方法 と言える。

ヘッドの高さ変化も激しいので
ボールのどの部分が パターのどの部分に
コンタクトするかも 打ってみないとわからないし
フェースでボールの横っ面を打つのと
歯(リーディングエッヂ)でボールの下側を打つのとでは
同じスピード、力加減でも 出る球、距離は異なる。
特に最近の重心深いパターとの組み合わせでは
少々、強く打たなければならないロングレンヂのパットでは
ヘッドが前に出ようとする作用によって
ほとんどのパッティングが 歯でボールの下を
打つことになっている。
。。。ダフリすらあり得る
20110627192758
見た目のだまし だけでなく
前傾を深くした状態で
 へそから下を固定して
背中を捻る動きを必要にしたら、、、、
オジサンには怖い動き。。。

これの代替え というか、延長線上に
ミドル(ベリー)パターや長尺パターが
有ったのだけれど、それもルールで禁止???

伝統的な、ホールの締めくくりにそぐわない?
という理由で、制約するのなら、現代の
派手派手しいゲテモノパターは それにそぐう?のか?

USGAやR&Aですら、結局は
クラブメーカーの天下り団体のような存在では
販促活動の手伝いをしているようで、結局のところ
ゴルフそのものを破壊しているように思えてならない。

体に負担の大きい ショルダーストロークを
オジサンが手にしにくい ゲテモノ マレットパターを
使わせ、長尺や中尺パターを禁止すれば
高年齢の人がゴルフから離れやすくなってしまう。。。

ま それはともかく 縦のローテーション
横のローテーション 体への不自然な動き
クラブの機能を無視 するだけでなく
スウィングにとっても致命的な部分を持っている。
ターンさせる ということは
二つ以上の場所の 対比 となる(意味わかります?)
どこかが どこかより 遅れているから
それを追いつかせる、追い抜く そんな感じ。
となると、体全体、クラブ全体が ある進行方向へ
進んでいるのに その軸点となる部分は
止まる、もしくは逆に進むことになる。。。。。。
(動いているものが止まる という事は そのベクトルに
掛かっている力と同じ分だけ、正反対の力がかかる)
 そうしないと 追い抜くことが出来ない。

ヘッドスピードで言えば、時速140キロになるような
行為の、一番のポイント インパクト付近で
それをするとなると。。。
その進んでいる方向と同じ力が その軸点に
かかることになるんだけれど。。。


しかも、忘れてはいけないのは
それは クラブだけ を動かす行為、動作 であって
そこ過程の中で、重さ800キロを超えるような
ボールとの衝突が待っているんだけど。。。。