多くのゴルファーは ヘッドの返し
ヘッドターン、ローテーションを
シャフトを軸として 右を向いているフェースを左に向ける
(開いているフェースを閉じる)
という 横の回転 だけ と思っていると思いますが
もう一つあります。

縦のローテーション です
駄目なストロークの代表
簡単な例が 肩を使ったパターストロークです。

答えから先に言うと
ヘッドの横の回転、ヘッドの縦の回転も
減らす、というレベルでなく、一切必要がありません。

これも ゴルフクラブの機能を利用して
楽にボールを打つ、練習頻度を減らして
基本ショットのメインテナンスを要らなくする
と言う目標とは相反するからです。

本来、前傾姿勢のある体の回転には
横の回転は内包されており、
縦の回転は何の意味(良い意味)も持ちません。
スナップショット 2 (2012-01-10)
体が左を向けば、フェースは左を向くので
脚を使った体の向きで
クラブを持った腕、肩のラインを遅らせなければ
意識をする必要がありません。

溜めを作る
クラブを遅らせる
ダウンスウィングの始動は下半身から
と言った 上半身の中に、不必然な体に負担のある
捻じれや遅れを作るから
後から補正するため ヘッドの回転という作業が
必要になってしまうのです。

スライスを防ぎたい という気持ちはわかるのですが
クラブの向きの変更、シャフトの向きの変更を
体の向きで行わず、間違った部分を直さず
間違った修正をかけるので 問題が複雑化するのです。

長い棒の先に、歪に重量の偏ったヘッドを
小手先の力で修正する、なんて言うのが
経年 うまく行くはずがありません。

肩のラインを遅らさせずに
体の自然なメカニズム、上半身の土台である骨盤に
回転は任せておけば 自然に行われるの行為なのです。


腕の役割は ヘッドターンさせる為にあるのではなく
肩が遅れ、ヘッドターンしなければならなくなるのを
事前に防いでおくためのモノです。


それを怠り、非常に俊敏性の必要な 難しい
体の構造、クラブの構造にもそぐわない
小手先での修正をするか、どうか
よく考えてみるべきです。