左軸足へのシフト
というのは ボールを上から打つ
コトそのものとも言える。

ボールを上から打つ
(ボールを潰す、ロフトを立てると同意語)
というのは 手作業でボールを上から打つ
コトを指す訳では無く
左サイドが低いうちに
自然な、意識をしない回転の伴った
左へのシフト することを指す


だから 出来るだけ 左サイドが低い時間を
維持したい。
スナップショット 2 (2012-03-06 4-00)
それが 左へのシフト移行のし易さにつながるし
勿論、軸足の形成、前傾姿勢の左軸足への移行
にもつながってくる一石何鳥にもなる動き。

その左サイドの低さを維持する方法がある。。。

それはやはり同時に、全ての事を満たす ので
ちょっと トレーニングして貰いたい。
多くのヒトが 左軸足 と言うのを体験したことが
ないから、左脚は支える足として
少々、脆弱な可能性が否めない。
左大腿骨と骨盤を切って動かすコトによって
お尻~太もも周りの筋肉が結構きついかも???

右向き というのは
右の軸足と骨盤の向きさの関係
と 同時に 前傾さの関係である。

右向きを維持するイメージのまま
上半身を左へ移す。。。
背中側に倒れるイメージはちょっとオーバーだけど
体全体をお尻側へスライドさせるようなイメージ
(そのお尻側が飛球線と言うことだけれど)
回転を意識せず、逆に維持するイメージで
それを行うと、実はこの時点で
右の軸足が解かれるので、その股関節に出来た
回転差も解かれている
スナップショット 4 (2012-03-06 4-01)
まだ、体が右向きなのは
脚、両膝の関係がクローズだからであって
体の向きと言う意味では、ココが正面
ボールには正対していないけれど ココが正面なのだ。

右向きなのには 二種類あって
股関節が右向き(上半身が右に向きを変えている)のと
脚(膝)の関係が右向きを作っている のがある。
スナップショット 5 (2012-03-06 4-01)
それを 回転を伴わない(意識しない)動作によって
受け渡し、左サイドが低くなっている時間を稼ぐ

その間に重しである上半身が 左脚に移ってくれれば
左軸足も出来、前傾姿勢も受け渡せるので
これで 左回転することが出来る


そう考えてよいと思う。
スナップショット 7 (2012-03-06 4-02)

それを行うために、クラブの構造は非常に適しているし
それ以上にガイドも案内もしてくれる。
人からは教わることの出来ないタイミングも
重さとして伝えてくれる。

この時間の中で、ヘッドを振る 振り子の動作を
すれば 全てがぶち壊れる。
左への移動できないし、体には本来不必要な
上下動のさばきが必要になってしまう。。。