オンプレーンスウィングの正体は
体を回さないスウィングである
ということ。

捩じる 捻転 とは言っても
人間の背骨 には 回転や捩じるための
関節や機能は一切ない。

これを見て欲しい
t02200278_0327041312030346860

上半身を切り取り、前傾姿勢の分だけ
傾きを消してみた。

オンプレーンスウィングの殆どは
体を回さず、左腕だけでクラブを動かす
というのが原点にある。
imageCA07U19C
この写真で、動いているのは左腕だけ。。。

本当は 体の向きでクラブはこの位置
クラブソノモノの姿勢はおかしいけれど
位置としては 体の向きでココに来るはず。。。
にもかかわらず 体〜骨盤は
ボールを向いたまま、クラブはここに。。。

腕だけで クラブを横に振る
このスウィング である限り
若い人であっても、クラブの不可抗力に勝てず
せいぜい頑張っても
このインパクト姿勢になってしまう。
imagesCAJGF9HV
練習量があって、筋力があって
関節に張りがあると言うか、脂があるうちは
これでもなんとか打てなくはないけれど
年齢とともに相当苦しくなると思う。
ohigas80
このスウィングのどこに前傾姿勢があるの?!
プロは兎も角、アマチュアが真似るべきところは少ない


昨今のドライバー飛距離合戦の行く末
というのもこのスウィングを生んだ要因だと
思うけれど、ティーアップされたボールを
上に向かって、ゴムを放つように打つこの打法
アマチュアに取っては、地面から打つショットや
体の各関節への負担は拭いきれない。
imgs
腕だけを使って、クラブを横に振れば
ヘッド重量は単に邪魔者でしかないし、
体もクラブも重力と闘うスウィングでは
シャフトの柔らかさもデメリットにしかならない
のだと思う。
このスウィングの為のゴルフクラブばかりが
売られている昨今。。。体力や練習量が
伴わないゴルファーに良いことは非常に少ない。

本来は脚を使って 骨盤を回せば
クラブの重さは殆ど負担にならないし、
クラブヘッドや腕の重さも利用できる。

それを腕だけで横に振ったのでは
捩じる機能の無い背骨や腰には負担はスゴイし、
重さを無視して、それを腕だけで振ったのでは
それを支える 手首や肘、首への負担も
おじさんゴルファーにはかなり厳しい、と思う。

クラブの機能はマイナスに働き
動作中、ずっと重力と闘い
自虐的に関節に負担をかける
オンプレーンスウィング
それでも 続けますか?!