右肘が外に張る
。。。フライングエルボーですか?

両肘の位置関係が 傾きがあろうとなかろうと
胸に対し平行であれば 問題有りません。

別な見方であれば、体の回りによる
肘部の移動以外に、腕〜肘単独で動いた量(移動量)が
両肘が同じであれば 問題ありません。

テークバックは 腕も含め、クラブの長さを
短くし、軽くするところに意味があるので
上げる事による高さ(位置エネルギー)
助走を取る事による(運動エネルギー)は
シャフトが地面に垂直になる辺りで十分。
スナップショット 4 (2012-11-04 11-44)
ある程度、本番のスピードになれば
思っている30%増しのトップの位置に
必ずなりますので、スローはスウィングや
シャドースウィング、トップの真似ゴトは
地面と垂直をゴールポイントにしましょう!

肘のクランチ
外に張った 腕立て伏せの腕姿勢。
これが出来ると言うことは
体〜上半身〜骨盤が向きを変えている
ひとつの証 でもあります。
スナップショット 2 (2012-11-04 11-40)
真似事は兎も角、ボールを打つ と言う前提で
ココが作れれば、テークバックの体の回りは
準備万端!ですし、そうであれば 本番は
少々深くなっても、シャフトは地面と垂直位
というスウィングイメージも確立出来ていると
思います。

また 肘のクランチ感覚が掴めれば
パターやアプローチでの肘使いと言うか
利き腕使いによって打つことが出来る筈です。

ショットの肝になる部分だけを
抽出して、打つことと距離感 を同時に
一つの動作で行う 刷毛塗感覚の
アプローチは一生の財産になる筈です。


テークバックでどうしても 左腕を
動かしたい人、どうしても動いてしまう人は
まず 体の姿勢を作りましょう。

アドレスに比べ、トップの位置は
右半身は、アドレス時の背中よりも後方
この写真でいうトコロの右に位置します。
スナップショット 3 (2012-11-04 11-44)
スナップショット 4 (2012-11-04 11-44)
上から見ると こんなにも ボールから
離れるような感じになるのです。
スナップショット 1 (2012-11-04 15-41)
スナップショット 6 (2012-10-29 20-10)
体のアドレス時の背中側後方。。。
アドレス時よりもやや高めに動かす感じ
それを 上半身はリラックス、
自分の骨盤という回転いすの上に乗せておくだけ
そんな感じで、その回転いすを
脚で回転させるんです。

左腕、左肩でテークバックを取っていたヒトは
テークバック時に、左側帯を伸ばし
右サイドを縮める、左肩を高くする動きを
体の動きと覚え込ませてしまっている傾向が
ありますので、そこもチェックしてみて下さい。
左右共に、側帯の伸び縮みなんて一切なく、
置きモノ としての上半身が
骨盤と言う回転いすの上に載っているだけ。

腕や手を動かさなければ、上半身で
意志を使って動かす箇所は特にないのです。
へそよりも上で、体を回すのに動かす筋肉は
一切! まったく! ないのです。

よくある 腕を胸の前でクロスさせて行う
ドリル、これでも良いですし、
前ならえのままするのもより分かり易い
自分の悪さを燻りだしやすいかも知れませんね。