先ずは コチラをご覧ください。
BlogPaint
BlogPaint
きっかけは色々あると思うのですが、
タメを作れ
インサイドから振れ
クラブを遅らせろ
シャフトを立てろ
下半身のリード などなど。。。

多くの悶絶ゴルファー、
飛距離不足のゴルファーがこの症状を持っています。

先に言っておきますが
テークバックを左腕のみで上げる
これは もう論外。

その時点で そうしてしまえば
ヘッド重量を頼ることは出来ませんし
ロフトも立ちません(ボールを潰せない)
ここの部分は割愛させて頂きます。

そこを乗り越えて、世間から言わせると
弊社独特のテークバック〜トップ までは
やる気さえあれば 誰でも真似られます。

さて そこからです。

ダウンスウィングが始まると
シフト也、回転が先に始まる。

それは 百歩譲って 良いとしましょう。

右の軸足を解いて 左に移ると
意図しなくとも、意識をしなくとも
バランスを取る為、ヒトは右向きを解きます。

体の向きが右向きを解いたのですから
そこから生えている 腕も移動、
腕の延長線上は向きを変えます。

腕を上げていなければ
アドレスを12時 トップを3時~4時あたりを
左腕は指すのですから
シフトをして、左にずれていけば
時計ソノモノ、その針の軸点も左にずれますが
ずれながらも 左腕の指している方向は
2時方向〜1時方向と移っていく。。。筈

BlogPaint
BlogPaint
しかし どうでしょう?!
体の向き… この場合は シフトによって
自然に右向きが解かれつつあって
胸の向きが、徐々にボールの方に向かい始めている
のにもかかわらず、左腕の向きは そのまま…
BlogPaint
BlogPaint
これでは ある種 腕が逆に動いた
トップの位置が 一番ボールから離れた
状態であるのに、腕の付け根がある上半身は
ボールに近づきつつあるのに
腕はそのまま。。。離れていっている
と言っていい。
BlogPaint
BlogPaint

自分の腕の向きを
自然な体の向きで変える。。。
シフトしたら 自然に向きが変る
それによって 腕はインサイドから
ボールに近づいてくる
(インサイドと言う意味をはき違えないように)
それなのに そこに留めたまま
というか 動作としては 腕を
逆に動かしているのと一緒。。。

だから だから
ガシガシと 左腕を先に動かす
その感じを掴んでしまわないと
体の自然な向き通りに動くのは難しい、でしょう。

最終ゴールとしては
シフトによる 自然な向きの変更
右が前に出てくるのではなく
左サイドが 進行方向にずれる 動きによって
自然に腕が出てくる
腕を腕で出してこない 状態で良いんですが
それを するのには
多くのヒトは ダウンスウィングで腕を
逆に動かしているので
今は 積極的に 左肘を「先に」ボールの方に動かす
… 出来れば 左でも 右でも
どちらの肘でも 良いので 肘さばきで
左腕を動かすことを覚えないとイケマセン。

    >>>続く