スナップショット 5 (2012-10-29 14-24)
この写真でかかる 重さには
『シャフトの延長線上に重さがない、
重心位置の存在するクラブヘッド』というのが
ボールを打つのに マイナスに働いています。

この状態では、クラブヘッドの重さは
自分にとって 背中側に掛かっていて
このまま それを重力に従って落っことす
としたら 問題は二つ生まれます。

1.この時点で 地面にあるボール
それに向いているのは アイアンであれば
キャビティ部(クラブヘッドの背中)です。
2.左足(靴)付近、もしくは推奨しませんが
体の真ん中に置いてある筈のボールの位置よりも
はるか後方、アドレス時の右脚よりも右側に
クラブは落ちてしまいます。


ヘッドの重さを制御し、落とさないように
ホールドしても 今度はソールがボールに向いてしまいますし
ナントカ打てたとしても、製品ロフトの意味をなさない
前番手 ロブウエッヂ並みのインパクトロフトに
なってしまいます。

多くのゴルファーは インサイドから振る とか
クラブを遅らせる とか タメを作る
と言う言葉の本当の意味を考えず
言葉の上澄みだけをなぞり
このダウンスウィングに行き着いてしまいます。
457d8efa
1.についてですが、クラブヘッドの重さによって
本当は「自由落下」というかヘッド重量の
引力落下、それに 運動を加えたモノが
破壊力になる
 なのですが
多くのゴルファーは ボールを打つことと
直接関係の無いところに一度ヘッドを落とし
それを腕力や運動性能によって
横に動かし 本来直線の斜め運動で済む筈
モノを 一度下に落とし それから横に動かして
いるのですから ヘッド重量は邪魔でしか
ありません

2.どの道、アドレス時よりもウンと後方
右側にヘッドは落ちてしまうか、
そこが最下点になってしまいますから
体を開く(左に向けて)
その位置を体の真ん中になるように
します。
一体、始めにセットした意味は何だったんでしょうか
ee213269f2e5a758

体の真ん中にセットしたボールでも
ここまで体を開けば 右足の外(右側)に
移るのと同じですから
練習によって その位置を探す訳ですね。
sos

ヘッドの重量や重心位置
重心とシャフトの関係が
どう動くか、どこに動かされるか に
非常に関係がある、影響がある
というのを 理解出来ますでしょうか

私が知っている限り
シャフトを撓らせて、撓り戻す
ゴルフ理論、スウイング理論の殆どは
視覚的に錯覚しやすい インサイドから振る
手でクラブを寝かして、それを捻り戻す
と言うことを推奨しているに過ぎません。

そして、それは確かに昨今の軽いヘッド
硬いシャフトでは横行してしまいそうな
理論です。 しかし、例えシャフトが硬く
ヘッドが軽くても、ヘッドには重量があり、
シャフトの延長線上に重量点がない
(重心位置が存在する)
と言うコトに変わりは有りません。

どんなに硬くても、感じ取り難くても
それを伝える役割、クラブの形状の役割
を伝える役割であるシャフトを
ヘッドの機能を無視し、ただ単に
自分勝手に「こう動かす」と言う傲慢な
理論
でしかないように感じます。