次は、P/S、出かける前に
家の中で打ったS/Wの感触を思い出して、
つい期待してしまいます。
やっぱりウエッジこそ店主殿の
クラブへの知識、経験、造詣の深さなどなどを
凝縮したものではないでしょうか?

再度、今日できる一番いいグリップとアドレス、
完全に近い脱力状態から
テイク・バック、インパクト・・・・・
しびれます(ダフったわけではありません。)
自動的に打ってくれます。
ヘッドがマットに触らずボールだけ拾って、
カチッというような微妙な金属音が
混じったようなインパクト音なんですが、
打感は柔らかく、ナイに等しい程度です。

実は、9月20日にお店で
このヘッドのウエッジを試打させて頂きましたが、
セッティングが違うのか、
よりオートマチックな感じで、
ヘロっと打つことを奨励してくれているような
振りごたえに感じます。
この辺はセッティングの妙なのでしょう。

80060a6c-s
 ボールの飛ぶさまがゆっくりで、
低めの出玉からスピンで上がっていく感じで
飛んでいきます。思ったより高めの弾道で
50ヤードと思って打てば50ヤードに落ち、
75ヤードと思って打てば75ヤードに
落ちてゆきます。

スピンもかかっていて、
まるでうまくなったような錯覚に陥りそうです。
今日は30球程度、
極めてヘロっと打ったのですが、
フェイスにはボールの打痕付きまくりです。
ウエッジの慣らしは
球数がかかることと結構神経を使うので
疲れそうですが、これで慣らしが終わったら
どうなるのか想像しただけでワクワクします。


 次に9番アイアン、これはP/Sと6番の
いいとこどり?みたいな感じです。
おろしたてなのでゆっくりと、
ヘロっと100ヤードにキャリー、
だんだん距離は伸びていくようですが、
このハーフ・スウィングとか
スリークオーターが楽しいのです。
9番と書いてあるウエッジみたいで、
グリップとかアドレスとか体の向きの変更
というような基本というか、
原則として守らなきゃいけないことをきちんとやれば、
ヘッドがボールをつぶしながら拾ってくれ、
自然と「よりシンプルなスウィング」に
なっていくような感じです。


ここで200球を打ってしばし休憩、
店主殿に電話にて状況を報告しようとしますが、
興奮冷めやらず、感じたこと、思ったこと、
その状況をうまく言葉に変換できませんでした。
「ドライバーは?」と聞かれ、まだでした・・・。


 ドライバーを抜き、上がるかな〜?
これ、ロフト何度かな〜?上がんないだろうな〜?

ここの練習場のボールだと上がんないうえに
ドロップするだろうから、きっと飛ばないんだろうな〜
コースボール持ってくるんだった(>_<)
などなど、店主殿にははなはだ失礼、
いや御無礼なことを想像しつつ、
でも、きっと凄いぞー!と思いつつ一発目、
期待?予想?どおり100ヤードにライナーボール。
でも、感触は凄い!!
フェイスにボールがひっつきまくり!
インパクトが長い!重い!
打つごとに球も上がり始め、
30球を打ったあたりから打音も
チタンらしい金属音に変わり、
打球も上がって飛び始め、
50球を過ぎたあたりから
目線で出て行った球が伸び始めました。

こりゃ〜飛ぶぜ!!

低いプッシュが
目線で伸びていくさまはしびれます。

捕まえにいくと捕まりすぎる感じで、
このつかまり方、
ユウティリティー・アイアンに似てる感じです。
どちらもプッシュのイメージが飛ぶようです。


 そのあと、クラブを換えながら、
といってもドライバー、U/T、6i、9iP/Sの5本で
50球ほど打ってみましたが、
タイミングはバッチリ、
店主殿の力作を堪能させて頂きました。
ドライバーのあとに今日初めて使ったU/T
打ってもミスなし!
軽く丁寧に打って不思議なぐらい飛んでいきます。
ドライバーのフルショット直後の
iのスリークオーターなどいろいろやってみましたが
ミスがないのです。
薄めの当たりでボールをきれいに拾っていきます。


 ということで今日はおしまい。
気が付けば300!!
こんなに打ったの何年ぶり!?
背中パンパンというかズーンと重く、
足(特に左脚)もだるく、
帰りの車のクラッチがだるくてエンストしそうでした。


 ということで1回目の感想文終了です。
悶絶セットは重く、柔らかくなるほどに
「慣らし」の重要度が増してくるように思います。


なので、感想の中に「慣らしが終われば・・・」
という表記が多くなってしまいました。
これからも気付いたことなど送らせて頂きます。

 

 

 sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット