究極のセットが届きましたので感想など述べてみます。


 私にとって2年ぶりのおニュウになりますが、
その間にヘッド重量とシャフト・フレックスは
次々に進化を遂げ、
今回のセットのスペックがどんなものなのか
正直言ってよくわかりません。
最新のアイアン・ヘッド等、
最新機能がぎっしり詰まって、
店主殿の渾身の逸品であることは伺えますがm(_ _)m


なので、スペックの細部につきましては
店主殿に加筆をお願いしたいところです。

CA3F00300001

 早速、練習場に向かいました。
ちなみに近くに練習場は2つあり、
1つはフラットでネットまで180ヤードの表示、
でもボールは飛ばず、打ちごたえもないところ。
もう1つは、打ち上げでネットまでは
同じく180ヤード、ボールは飛ばないけど
打った感じはしっかりしているところです。
今日は、クラブの慣らしも促進したいので
ボールの打ちごたえのある方にしました。 

出かける前にS/Wで軽く、
テイク・バック3040cmぐらいのアプローチ、
ボールはレイグランデ、
いや〜、乗っかる乗っかる!すごい!!
ゆっくり低く、玉がフェイスから離れていきます。
その様が見えるのです。参りました。


 練習場に到着、はやる気持ちを抑え、
6番アイアンから・・・
今日できる一番いいグリップとアドレス、
そして軽くワッグルすると期待どおりの
ヘッド重量感と柔らかさ!
思わず嬉しくなってしまいます。
テイク・バックと思った瞬間、
ヘッドが取り残され、
シャフトがすでにフェイス側にシナっています。
自動的にワイングラスの足の左側に
クラブがポジションしてしまう感じです。

切り返しの感じは?と思った瞬間、
右手の人差し指の付け根付近に重さがかかり、
かかったと感じたら打っていました。
これって刷毛塗りもオートマチックに
なったということでしょうか?

切り返しでシャフトがしなって
グリップを左に押すという動作?機能?を
感覚として感じる前にインパクトしています。
優しい6番です。
玉が上がってくれるかどうか
多少不安もありましたが、問題はありません。
頂点が遠くにある共栄の軟鉄アイアンらしい球筋、
これは慣らしが進行すれば
もっとはっきりとした球筋の特徴になると思っています。

IMG_0036

 次に、今話題のユウティリティー・アイアン、
黒いヘッドがシマって見えます。
タマの高さに自信がなく、
25度のロフト表示とあいまって、
上がるかどうかちょっと不安でしたが
大丈夫そうです。
6番アイアンよりも低い釣鐘型の弾道で
ゆっくり飛んでゆきます。
テイク・バック、切り返し、インパクトの感じ、
タイミングは6番アイアンと同じです。
慣らしが進むにつれ飛距離も伸びて行きます。
最初はライナーで140ヤードにキャリー、
やっぱり高さが取れないのかな〜?
40球ぐらい打ったところで高さもとれ、
180ヤードにキャリー、
慣らしが終わる頃には200ヤードの
キャリーはいけると思います。
何球で慣らしが終わるのかわかりませんが・・・

目安として200キャリーかな?と思っています。

     

>>>>>>>>続く: