ヘッドの重さが使える

ヘッドの重さが利用できる


というのは 
トップの位置から
ボールに対し その重さをボールに直接
ぶつけるコトが出来る
 と言うコトです。

それは イコール 
ロフトを立てる
もしくは ボールを上から打つ〜つぶす
とつながってきますし
筋力や運動性能に頼らず ボールを打つ
もしくは 遠くへ飛ばす というのに
一番肝心な部分と言えます。

ここで 出来るようになった
もしくは その過程であるお客様と
そうでなかった時の 写真を比べてみましょう。

スナップショット 3 (2011-02-11 21-46)
スナップショット 5 (2011-02-11 21-47)
何が違うでしょう?
スナップショット 7 (2011-01-18 22-06)
スナップショット 8 (2011-01-18 22-07)
シャフトの角度?!
スナップショット 1 (2011-01-18 21-59)
スナップショット 2 (2011-01-18 21-59)
では 私が 重さを使えない方を
真似てみます。
スナップショット 1 (2011-01-18 23-43)
では コチラがオリジナル
スナップショット 1 (2012-10-02 13-54)

評論 として行ってしまえば
左腕〜左腕上腕と胸の関係 です。

ココの部分で クラブを腕で横に動かしているか
クラブが円を描く そのエンジンが
何であるのか 表れてきます。


脚を使って 体の向きを使って
クラブを持った腕の乗っかっている骨盤を
動かしているか、腕を振っているか
その違いです。

前日も書きましたが
ダウン〜インパクト〜フォロー〜フィニッシュ
方向は 向きの変更
外から見れば 左への回転(向きの変更)です。

ゴルフクラブはその方向 運動に対し
右に留まろう、右に回転しよう
とする重量構造をもっています。

スィング中、クラブの重さの殆どを
左腕で支えています。

ダウンスウィング〜フィニッシュ
方向に対しては 左腕は
運動の先頭と言って良い部分です。

これを 左腕で引っ張ろうとすれば
余程 腕力に無い限り
クラブの構造に勝てませんから
クラブは右に倒れますので
重量物であるヘッドは 一番後方
運動の一番後ろに行くことになります。

BlogPaint

その重さは相当なものになりますし
例外なく 重さの掛かった右サイドは
下がることになりますから
動かすだけ ではなく
引っ張ることの主力エンジンになる
左サイドは 「上げる」と言う負荷条件が
増える事になります。

ダウンスウィング なのに 上げるんです。

左腕が胸に張りつく ということは
グリップが右サイドの前
クラブは体の右外 になりますから
当然 ロフトはべったり寝た 状況です。

この状態では ボールには届きません。
打つポイントが 体の右前〜右外
人によっては 右横になるからです。

結果として そんな瞬間があるのは
仕方が無いにしても
テークバックに限らず
左腕と胸が張りつく動作 を
意図的にしている限り
必ず インパクトポイントは 体の右
にずれてしまいますし
インパクト時 その分右サイドは
下がります(ボールに近づきます)
ロフトを立てるのは非常に困難ですね

457d8efa

テークバックを左腕のみ で 動かす

というのは 肩を入れろとか
スウィングは左手がリードする と言った
言葉の残党なのかも知れないのですが

兎も角 テークバックの始めの動き
クラブを動かす動きを左腕のみで
行ってしまった時点で
ヘッド重量は邪魔でしかありませんし
ロフトが立った ボールをつぶす
ショットを期待することも出来ません。

上手く打てるようになって来た方々は
テークバックのそこの部分が
アカラサマに変ります。
違和感はあるとは思うのですが
そこのところは頑張って頂きたいと思うのです。