スウィングについて 書き続けていると
弊社に限らず、どのスウィング論 も
総じて 真面目な 型 を追い駆ける
そんなモノになりがち なのだと思う。

正直な話、大人が体を傷めず
楽しめるのであれば どんなスウィングでも
型でも良いと思うし
それを他人がどう思おうと 気にしないのが
おとなの遊びである ゴルフの良いところ
なのだと思う(思いたい…)。

BlogPaint

体を傷めないよう、胴体の部分をひねらない
ことが 長く楽しむ 方法だけど
脚だけ 動かしたのでは
結局 腕を最後に動かし
一番、肝心なボールをさばくところは腕になり
結果として 胴体を捻ることになる。

ダウンスウィングを前半と後半に分けると
前半 脚で体をシフトや回転させ
後半 体(脚)を止め、腕を使ってクラブを振る

事になるのなら
始めから 腕で打ってしまう
と思うのも一つの手なのかも。。。

前半 腕。。。本当は肘でクラブを動かし
後半 脚で体を回す

と言う風に考えた方が良いのかも知れない?!

肘を使って、腕を使って
フェースを伏せておく(下に向けておき)
脚で体をシフト〜回す。

クラブを腕で円に振ることは
最終的には ロフトを増やしてしまうから
アクセルを踏んでも、距離につながり難い
    けれど

インパクト付近で 右腕が伸びている
と言うことを覚えるのは非常に重要で
ボールと体の距離感と言うか
体の姿勢もそれによって変わってくる。

457d8efa

右腕を伸ばしておくのには
右サイドが高いとか、
ボールから離れているとか
その修正が必要になる。

それソノモノでは まだ ロフトは寝てしまう
けれど いったん ココの部分を
覚えるのも 過程 としては 重要なのかも
知れない?! と思う今日この頃 です。

どうせ 多くのヒトが
体を回し 体をボールに正対させてから
腕を動かして ボールを打っている。。。
結局のトコロ 腕さばきで肝心なところを
行っているのだから
始めから トップの位置から一気に
腕で打ってしまう と言うアイディアもあり!
なのではないかとも思う。

*ただ一点だけ 双方を満たす 感じのする
勘違いがあるから 要注意 だ。

腕を曲げ 腕を「正しく」伸ばす
 この行為で ボールを打ってしまう のも
ありではないか?! な と言うコト。 

この文章の腕とは 肘使い を指していて
肩を揺さぶる 肩を軸として
腕を振ることを指しているのではない。