絶対違うよな、と思いつつ、試行錯誤の連続です。

見てくれなんかどうでもよく、
球がきちんと前に飛べば

それはそれでいいのかもしれませんが

やはりまだ余計な動き、
力、脱力がある、ということですよね。

 
fromsky-513フレームショット

意識の問題ですが、
クラブは常に体の中側(肩をはみ出さない)

ようなイメージを持っています。

右ひじはしっかりと張り出し、
トップでクラブが軽くなるように

テイクアウェイの動き出しは円弧の動きではなく直線。

あとあと動画を見返すと、意外とできてきている。


まだまだだけど、本物(?理想?)
の動きに近づきつつあることは

素直に喜んでいます。

 

それから、カラダのシフトは足首で行い、
肩と腰骨のでっぱりの位置関係が

変わらない(体がねじれない)ようなイメージを持っています。

(結果的にはねじれてしまうのですが。)

 

こんな感じでしょうか。
とにかく、まともにあたったときの弾道、距離は

涙が出るくらい美しいです。初体験、感動です

 
11100002

 

それからこれは質問なのですが、
ボールポジションについてです。

刷毛塗りをはじめとする、足首を使ってクラブを扱う場合

ボールポジションは左足踵あたりが一番いいのですが

(ただフルスイングでは右足が浮くのですが…。)

右ひじのクランチのみでパットをする場合

カラダのシフト・スライドを行わないため

ボールポジションは体の真ん中の方が良いのでしょうか。

 

sample 2009_09_15_19_47_47-67フレームショット

それからパターのソールの仕方ですが、
若干トレーリングエッジ側に

傾けて構える(少し飛球線後方に寝かす)ほうが

芯でとらえられる率が高まります。

動き自体はアッパーではないのですが、フェースの向きは

少しだけアッパーにすると、フェースの上の歯にあたらず

しっかりと打つことができます。



お手紙有難うございます

スウィング〜クラブ扱いの「見てくれ」は
重要ではありません。
手が二つあって 目が二つある
クラブの構造も同じ(重量等の効果は兎も角)
ですので 結果として 正しく動かせば似たような
モノに収まる とでも考えて下さい。

体を傷めず 少ない労力で遠くに飛ばせ
繰り返しのし易い そう言うモノを追い駆けて
いくには 自分で行わず クラブにやらせてしまう
というか クラブにやらされてしまう というのが
大事?!かな と思います

ボールのポジションについて。。。 ですが

☆ボールは常に体の真ん中です

⇒ ただし インパクト時の! です。

ですから 肘だけのアプローチやパター
急傾斜でのショットなど シフト〜体の向きの変更が
十分で出来ない時は それなりのボールの位置になります。

肘使いを基本にスウィングを覚えれば
アプローチなどの多くのショットは
肘中心になってくることが見えてくると思います。

アドレス時から 完全に体の真ん中にボールを置くのは
ちょっとやり過ぎだとは思いますので
真ん中やや左 左のきん〇まの前後でしょうか・・・

ボールを真ん中やそれよりも右に置く
というのは 非常事態 だと把握しておいて下さい

424f9307

パターの構え方ですか。。。

それで問題ないと思います
ボールをやや左寄りにせっとする
パターに限らず 
 骨盤を傾け ヘッドビハインザボール
を守れば そのような結果になるかと思います