素振りをした後に店長のブログを
読み返していたところ
「シャンクの方向に刷毛塗りをする」
という言葉が目に入ってきました。


テークバック後にダウンスイングを
右肘から始めることを意識して素振りを
繰り返しているのですが、
シャンクの方向を自分の胸に対してと
捉えて行っていたところクラブが重く感じてしまい、
非常に疑問に思っていたところです。


シャンクの方向とは、アドレス時の姿勢に
対しての方向であるのでしょうか?


この方向にグリップを動かしていくと
直線的にグリップが動いて行く気がします。
これまで無意識にヘッドを振ろうとする動きがあったのですが、
最短距離でアドレスの位置に戻ってきているような気がするのです。

この、感覚的なものは果たしてあっているのでしょうか

20090801 2009_09_01_01_25_27-320フレームショット

お手紙有難うございます
トップオブスウィングから 刷毛塗
 肘を動かして クラブをスライドさせていく訳
ですが、その方向、シャンク方向とは
アドレス時にシャンクの出る方向を指しています。

トップオブスウィング時であれば
クラブを、グリップを動かす「目標方向」は
その時の両膝の位置関係 
と考えても良いかも知れません。

刷毛塗 は胸に平行。。。
クラブが胸から離れないように横スライドさせる
ことではあるのですが、トップオブスウィング時
胸を平行に動かそうとすると
結果として クラブが体から離れて
体の向かっていく、動いて行く方向に対して
右に残ってしまう形になります。

クラブはいったん体から離れ
重く成りはじめると、
更に長さを増し、重さを増します

これでは 確実に右サイドも下がり
ロフトも非常に大きなモノでのインパクトに
なってしまうでしょう。

トップオブスウィングから その時の
自分の左胸に向かって 動かすような感じ
ではあるのですが その時に留意する点があります。

グリップを胸辺りの高さで
ヘッドを高い位置での刷毛塗を素振りをしていると
大半の方が 肘さばきでは無く 肩の揺さぶりによって
腕で作る五角形 を移動させています。

本来、刷毛塗は腕で作る 五角形が
クラブが右から左へ移動する過程で
形を変えていきます。
結果は右にある時と、左にある時では
左右対称のひっくり返しの形になるのですが
肩の揺さぶりで行ってしまうと
五角形が形を維持されたまま 移動する形になるので
鏡等を見ながら、確認してください。

s5

腕さばきによって クラブが右の胸の前から
左の胸の前に横移動(スライド)する
量としては これで十分で
この移動がスウィングの成否を分けると言って
過言ではありません。