ハミングバードでは
なんとなく ではあるけれど
スウィング中に考える〜自分で動かす
体の部位は 右肘と左膝 だけ なのではないか
とずっと考えている。

例えば テークアウェイの時
多くの人は、特に悶絶度合いの激しい
左肘を上げる事、左腕を動かすことが
テークバックの証のようになっている

本来であれば 前傾姿勢があって
右を向けば 右サイドが高く 左サイドの低い
状況が出来る筈。。。 なのであるが
左手を上げる、左腕を動かす
この状況によって 骨盤(腰)のラインは
右上がりになるのに、胸から上のラインは
左上がりになってしまうので
肩甲骨は遊んで、揺り動かしの原因になってしまう

その上下のラインが逆になってしまうと
体の側帯の部分が 伸びたり、縮んだりして
腰に過度に負担をかける事になる
ゴルフが原因での腰痛はそこにあるように思う。

4190-1-2

左腕を動かしてテークバックを取ると
左側帯は伸びる事になり、右側帯は縮むことになる
この時点で ダウンスウィングで右サイドが
「さがる」ことが確定してしまう・・・
ゴルフが原因で腰痛になる人の多くが
右腰を痛めるのはここに原因がある?!

それでは逆に
左肘を下げる ように テークアウェイ してみたら
どうだろう。
脚を使って 右を向いていくと
左膝は 右によるだけでなく
前傾姿勢によって 右膝よりも低い位置関係になる

右肘を上げ 左ひざを下げる
右の側帯を伸ばすような感じ???
肩のラインをより一層右上がりにしてアゲル感じ??

そんな風にやってみてはどうだろう?

 テークアウェイで左肘を下げる。。。
  のはいささか変だけれど
その位のつもりでも良いのではないかと思う
右肘のクランチとも関連しているし
脚のアクションでの体の向きの変更 とも
それぞれ リンクしている、ある種 同じコトを
指しているような話ではあるけれど
アドレスからの初動で、左腕ばかり動かしてしまう
その感じをどこかで解消しないと いけないと思う。
⇒ 左腕を動かしている 
 脚の動きで体の向きが変るから 左腕が移動する
これが基本なのに、その疑似行為として 左腕を動かし
動きの始めの段階でそれを壊してしまっている

行きは左ひざを下げ 右肘を上げる
帰りは・・・左ひざを更に下げ 右肘を降ろす
 クランチの正しい 方法をしっかり覚える必要は
あるけれど そんな感じだろうか